2017年03月22日

9. Έξω φωνάζουν ―

 ヤニス・リッツォスの『 Πρωινό Άστρο 』を読みます。 
 その9、 「外で、何人もの人が叫んでいる。」     





Έξω φωνάζουν ―
ποιοί φωνάζουν;
τί φωνάζουν;
Ο εφημεριδοπώλης
ο μανάβης
ο παγοπώλης.
Δεν καταλαβαίνω, κοριτσάκι.


Ανεβοκατεβαίνουν σκάλες ―
τί ζητάνε;
Σημαίες χτυπιούνται στον αέρα
φωνές και σπαθιά
σηκώνονται, πέφτουν
αίμα ―
κλείσε τα μάτια, κοριτσάκι.
Όλοι δεν είναι αδέρφια σου;
Λοιπόν τί θέλουν;
Όλοι δεν είναι τα παιδιά μου;
Λοιπόν τί θέλουν;


Δεν καταλαβαίνω, κοριτσάκι.
Άνοιξε τα ματάκια.
Κοίτα καλά
να μάθεις να μου πείς και μένα.


Στη Χιροσίμα, κοριτσάκι,
είταν κάτι μανούλες, κοριτσάκι,
― όχι, δε θέλω να σου πώ ―
είταν κάτι παιδάκια, κοριτσάκι...


Πρέπει να ξέρεις.
Την ώρα που γεννήθης, κοριστάκι,
ακούστηκε το πρώτο τζιτζικάκι
ύστερ' από δέκα χρόνια,
σκέψου, κοριτσάκι,
ύστερ' από δέκα χρόνια
στο Ναγκασάκι.


Έξω φωνάζουν ―
πώς φωνάζουν ―
τί φωνάζουν;


Ανεβοκατεβαίνουν σκάλες,
τί ζητάνε;
Ο εφημεριδοπώλης
ο μανάβης.


Τα πορτοκάλια, κοριτσάκι,
δεν είναι μόνο φώτα στρογγυλά
κίτρινα φώτα
είναι και πορτοκάλια κόκκινα
σαν αίμα.


Έξω φωνάζουν.
Τί φωνάζουν;


Εδώ η σιωπή
μετράει τα δάχτυλά της
μην ξεχάσει το μέτρημα
μην ξεχάσει του σπιτιού μας το νούμερο
μην πέσει έξω απ' τον κύκλο
το καρδιοχτύπι μας
μη χυθούν όλα τ' αστέρια
πίσω απ' τον ορίζοντα
έξω απ' τη ζωή μας
έξω απ' τη ζωή σου, κοριτσάκι.


Πρέπει να μάθεις να μην αγαπάς
εκείνους που λαβώνουν την αγάπη.
Έξω φωνάζουν ―
φώναξα και σύ
κ' εγώ φωνάζω
τραγουδάω.


Σφίξε και σύ τα δυό μικρά σου χέρια.

Κ' ύστερ' από άλλα δέκα χρόνια,
κοριτσάκι,
ύστερ' από δέκα χρόνια
νάναι όλα τα μάτια αστέρια
κι όλες οι καρδιές αηδόνια.
  





外で、何人もの人が叫んでいる。 ― 
誰が叫んでいるのか知ら? 
何て叫んでいるのかしら? 
新聞売り? 
青果売り? 
氷り売り? 
僕には分からないんだ、お嬢ちゃん。  

その人たちは、階段を上がったり降りたりする。― 
何を求めているのだろう? 
空中で、幾つもの旗が当たり合っている。 
声と剣が 
立って、落ちる、 
血。 ― 
目を閉じなさい、お嬢ちゃん。 
あの人たちは皆、君の兄弟ではないからね。 
それで、何を欲しがっているのだろうね? 
あの人たちは皆、僕の子供ではないよ。 
それで、何を欲しがっているのだろう? 

僕には分からないんだ、お嬢ちゃん。 
目を開けてごらん。 
よく見るんだよ、 
そして、学んで、僕に僕のことを話してね。

ヒロシマにね、お嬢ちゃん、 
お母さんたちがいたんだよ、お嬢ちゃん、 
― 違う、僕は君には話したくない ― 
子供たちがいたんだよ、お嬢ちゃん、…。 

君は知らなくてはいけない。 
君が産まれた時のことを、ね、お嬢ちゃん。 
最初の小さな蝉が聞こえて、 
それから十年経ってたんだ。 
よく考えなさい、お嬢ちゃん。 
ナガサキで、聞こえてから、 
十年経ったんだよ。 

外で、何人もの人が叫んでいる。 ― 
ほら、叫んでいる。 ―  
何て叫んでいるのかしら? 

その人たちは、階段を上がったり降りたりする。― 
何を求めているのだろう? 
新聞売り 
青果売り。 

オレンジはね、お嬢ちゃん、 
丸い光りだよね、それで、 
黄色い光りだけではないんだよ。 
赤いオレンジもあるんだ、 
血の様な赤だよ。 

外で、何人もの人が叫んでいる。 
何て叫んでいるのかしら? 

そこで、沈黙が、 
指を数えるんだよ。 
沈黙が、数え方を忘れてない様に、 
沈黙が、僕たちの家の番号を忘れてません様に。 
僕たちの鼓動が、 
円から落ちない様に。 
星々ぜんぶが、 
僕たちが生きている所の向こう、 
お嬢ちゃん、君が生きている所の向こう、 
水平線の向こうに、流れ出しません様に。

愛を奪うあの人たちを 
愛したりしないことを、君は覚えないとね。 
外で、あの人たちが叫んでる。 
さあ、君も大きな声を出して、 
僕も、大きな声を出すよ、 
僕は、歌うんだ。 

さあ、君の小さな手を握りしめてごらん、 

もう十年経ったら、 
お嬢ちゃん、 
もう十年経ったら、 
みんなの目が星になり、 
みんなの心がナイチンゲールになったらいいね。 











posted by kyotakaba at 09:17| Comment(0) | Πρωινό Άστρο | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

第ニ部の1章「 Η ασθένεια της Μαρίνης 」1

 アレクサンドロス・パパディアマンティスの『 Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ 』の Μέρος Δεύτερον Κεφάλαιον Α 、第ニ部の1「 Η ΑΣΘΕΝΕΙΑ ΤΗΣ ΜΑΡΙΝΗΣ 」を、少し       





  Έν και ήμισυ έτος μετά τα συμβάντα άπερ διηγήθημεν εν τοίς έμπροσθεν, εντός ευρυχώρου θαλάμου οικίας τινός της εν Σμύρνη παραλίου συνοικίας, τρείς γυναίκες εκάθηντο παρά το προσκεφάλαιον νεάνιδος κατακειμένης.  
  Ήτο δειλινόν εαρινής ημέρας. Αί ακτίνες του ηλίου, εισδύουσαι δια των αυλαιών των παραθύρων, εφώτιζον τα τέσσαρα ταύτα πρόσωπα・ το παράυθρον έβλεπε πρός τον κήπον, ού τα αρώματα έφθανον μέχρι των αισθήσεων της ασθενούς νεάνιδος.  





 私がこれまで物語って来た出来事の、半年後のこと。スミルニの海岸地区にある家の広い部屋の中で、ぐっすり眠っている少女の枕の向こうに、三人の女が座っていた。 
 春の日の夕暮だった。太陽の光線が、窓のカーテンを漉して、この四人の顔を照らしていた。窓は、庭に面していた。それで、たくさんの薫りが、乗除の弱った感覚にまで、届いていた。
posted by kyotakaba at 07:58| Comment(0) | Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

Σμύρνη

 訂正。 
Σμύρνη の訳語。現在のイズミルのことだけれど、そのままの読みに、スミルニ。 

第一部の第6章「 Ο ΑΠΟΠΛΟΥΣ 」4 では、イズミルにしていたので、それは、スミルニに。 
第一部の13章「 Η ΩΤΑΚΟΥΣΤΡΙΑ 」12 では、間違って、スメルナにしていたので、それは訂正。
posted by kyotakaba at 14:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

第一部の13章「 Ο όρκος 」9

 アレクサンドロス・パパディアマンティスの『 Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ 』の Μέρος Πρώτον Κεφάλαιον ΙΔ 、第一部の13「 Ο ΟΡΚΟΣ 」を、少し  





  Η Κάκια εστράφη και έδειξε στιγμιαίως το πρόσωπόν της. Ήτο ερυθρόν, με τους οφθαλμούς φουσκωμένους και πλέοντας εις τα δάκρυα.  
  Άμα ιδούσα την Μαρίναν, απεστράφη πάλιν εν ακαρεί και έκρυψε την μορφήν της.  
  ― Τί έχει τάχα; Διατί κλαίει; είπεν αύτη.  
  ― Θα επείσμωσε διότι την άφησα μόνην, είπεν η κυρία Ρίζου. Κάκια, μη κλαίης, κόρη μου. Αφού εθύμωσες, διατί δεν ήρχεσο και συ μαζί μου;






 カキアは、振り向いた。一瞬、顔を見せた。涙を浮かべた目は腫れて、赤い顔だった。 
 マリナを見ると、また、直ぐに、背を向けて、顔を隠した。 
 「何があったの? どうして泣いてるの?」、マリナは聞いた。 
 「私があの娘を独りにしたから、きっと、拗ねているよ。」とリゾス夫人は言った。「カキア、泣かないの、ねえ、お前。怒っているから、わたしと一緒に来なかったの?」
posted by kyotakaba at 08:28| Comment(0) | Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

8. Ανοίγεις τα ματόφυλλα

 ヤニス・リッツォスの『 Πρωινό Άστρο 』を読みます。 
 その8、 両方のまぶたを開けなさい。     





Ανοίγεις τα ματόφυλλα
κι ανοίγει ένα παράθυρο
κ' ένα άλλο
κ' άλλο.
Όλα τα παράθυρα του κόσμου
ανοιχτά.


Στα τζάμια του παράθυρου
δυό στενόμακροι ουρανοί
ένας κήπος
κι οχτώ σπουργίτια
παίζοντας ένα τόπι φώς
κ' οι αντιφεγγιές του παίζοντας
στο πρόσωπό σου.


Ένα περιστέρι
κρατώντας μες στο ράμφος του
μιά θαλασσιά κορδέλα θάλασσα
γράφει στον αέρα κύκλους - κύκλους
και μες στους κύκλους
περνοδιαβαίνουνε ψαράκια
χρυσά, γαλάζια, βιολετιά ψαράκια.


Μιά κίνηση
του τρυφερού χεριού σου
έσβησε μεμιάς όλο το μαύρο.


Καθώς κλωτσάς τον αέρα
με τ' άστρα - ποδαράκια
κρύβονται οι σκιές
κρύβεται ο πόλεμος
κάτω απ' τα γαλανά σου παπουτσάκια.


Έτσι παιδί που μ' έκανες, παιδί μου,
πώς θα τα βγάλω πέρα με τους ίσκιους
που στέκουν και παραμονεύουν
πίσω από τ' ανθισμένο σου χαμόγελο;
Έτσι παιδί που μ' έκανες, παιδί μου,
πώς θα σου φέρω
ψωμί και γάλα και βιβλία;


Άνοιξε ένα πέρασμα
ανάμεσα στ' αστέρια σου
και στα λουλούδια σου
να βγώ στο δρόμο.


Το βραδάκι θα γυρίσει
πιό καλός και πιό όμορφος
ο πατέρας σου.






両方のまぶたを開けなさい。 
すると、一枚の窓が開くんだよ。 
また、一枚、 
もう、一枚。 
界隈の窓の全部が、 
開いていくよ。 

窓のガラスに、 
細長の空が二つ、 
庭が一つ。 
それに、雀が八羽、 
ひとつの光りの玉で遊んでいる。 
そして、玉の反射が、君の顔の上に、 
ちらちら映っているよ。 

一羽の鳩が、 
くちばしに 
小さな海を、リボンになった海を、をくわえている。 
リボンは、空に円を画いている、円をいくつか。 
それらの円の中を、 
小さな魚が何度も何度も通り過ぎる、 
金色の魚、青色の魚、紫の魚が過ぎる。

おや、動いた、 
君の柔らかい手が。 
すると、一瞬に、暗闇が消えた。 

君が、小さな足で、 
星でいっぱいの空を蹴ると、 
幽霊たちは隠れるよ。 
戦争も隠れるよ。 
暗闇はみんな、君の小さな青い靴の下に、隠れるよ。 

君は僕にそうしてくれた、それなら、ねえ、僕の子供、 
じっと立って、待ち伏せている、あの 
幾つもの影を、僕は、どう切り抜けたらいいのだろうね? 
ほら、君の満開の花の様な笑顔の後ろにある影だよ。 
君は僕にそうしてくれた、それなら、ねえ、僕の子供、 
パン屋牛乳や本を、 
どうやって、僕は、君に持って来ればいいんだろうね? 

君の星々の間に、 
通路が開いた。 
君の花々の間に、通路が開いた。 
それで、僕は、路に出られるよ。 

夜の始めには、帰って来るからね、 
もっと優しくなって、もっと美男になって、 
君のお父さんは、帰って来るからね。

posted by kyotakaba at 08:10| Comment(0) | Πρωινό Άστρο | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

第一部の13章「 Ο όρκος 」8

 アレクサンドロス・パパディアマンティスの『 Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ 』の Μέρος Πρώτον Κεφάλαιον ΙΔ 、第一部の13「 Ο ΟΡΚΟΣ 」を、少し  





  ― Θα υπάγω να ιδώ. Θέλεις να έλθης μαζί μου, Μαρίνα; Άς καταβώμεν να ίδωμεν τί κάμνει.  
  ― Άς καταβώμεν, είπεν η Μαρίνα.  
  Και κατέβησαν εις το κύτος.  
  Η Κάκια έκειτο επίστομα επί της κλίνης. Είχε το πρόσωπον βεβυθισμένον εντός του προσκεφαλαίου. 
  ― Θα κοιμάται, είπεν η Μαρίνα.  
  ― Δεν πιστεύω. Κάκια, κοιμάσαι;    





 「見に行きましょう。マリナ、一緒に来たいですか? 何が起こっているのかを見に、二人で、下に降りましょう。」 
 「では、降りましょう。」と、マリナは言った。 
 二人は、船倉に降りて行った。 
 カキアは、そこの自分の寝台に俯せて寝ていた。顔は、枕の中に、うずめていた。 
 「きっと、寝ているのね。」と、マリナは言った。 
 「そうは思えないわ。カキア、あなた、寝てるの?」
posted by kyotakaba at 07:28| Comment(0) | Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

7. Κλαις, κοριτσάκι;

 ヤニス・リッツォスの『 Πρωινό Άστρο 』を読みます。 
 その7、 泣いているの? お嬢ちゃん。 




Κλαις, κοριτσάκι;
Λείπει η μητέρα;
Έλα, μην κλαις.


Η μητέρα που λείπει
έχει βγεί μιά στιγμή στον ουρανό
να ποτίσει
τα λουλούδια των άστρων.


Δυό μικρά αγγελούδια
τη συνάντησαν
στο πιό δροσερό
μονοπάτι του Παράδεισου.


Τη ρωτήσανε για σένα, κοριτσάκι,
βγάλαν δυό φτερά από τα φτερά τους
και στα στέλνουν
να τα βρέξεις στην καρδιά μας
και να γράψεις στο θεό.


Γράψε του : ≪ Καλέ θεούλη,
εμείς είμαστε καλά.
Κάνε, εσύ καλέ θεούλη,
νάχουν όλα τα παιδάκια
ένα ποταμάκι γάλα
μπόλικα αστεράκια
μπόλικα τραγούδια.
Κάνε, εσύ καλέ θεούλη,
νάναι όλοι καλά
έτσι που και μείς να μη
νιώθουμε πολύ ντροπή
για την τόση μας χαρά ≫.


Έκανες ένα λάθος, κοριτσάκι, να :
Η χαρά
δε γράφεται με πράσινο.
Γράφεται με κόκκινο.
Η χαρά
είναι κόκκινο γαρύφαλλο.
Να το θυμάσαι :
Κόκκινο γαρύφαλλο.


Μεθαύριο θα σου πώ.      





泣いているの? お嬢ちゃん。 
母さんが恋しいの? 
さあ、泣かないで。 

母さんはいないんだよ、 
ちょっと、お空に出てるんだ、 
星のお花をたくさん、
摘みに行っているんだよ。 

二体の小さな天使がね、 
天国のとっても涼しい 
小径でね、 
母さんに会ったんだよ。 

天使たちはね、母さんに、君のことを尋ねたよ、お嬢ちゃん。 
それから、自分たちの翼から、二本の羽を取り出して、 
それを、君に送るんだ、 
僕たちの心で、君がそれを濡らして、そうして、 
神様に手紙を書くように、くれたんだよ。 

神様にこう書くんだよ。「はいけい、 
わたしたちはげんきです。 
だいすきなかみさま、 
こどもたちみんなに 
ほしがいっぱいの 
うたがいっぱいの 
みるくのかわをください。 
だいすきなかみさま、 
みんなをげんきにしてください、 
そしたら、わたしたちはうれしすぎるけど、 
だからって、あんまりはずかしくなくなりますから。」 

君は一つ間違いをしたね、ほら。 
うれしい、が、 
緑色で書かれてないよ。 
赤色で書かれている。 
うれしい、は、 
赤いカーネーションなんだ。 
覚えておきなさい、 
赤いカーネーションだよ。 

あさって、僕が話すからね。 





posted by kyotakaba at 07:52| Comment(0) | Πρωινό Άστρο | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

第一部の13章「 Ο όρκος 」7

 アレクサンドロス・パパディアマンティスの『 Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ 』の Μέρος Πρώτον Κεφάλαιον ΙΔ 、第一部の13「 Ο ΟΡΚΟΣ 」を、少し  





  Μετ' ολίγας στιγμάς η Μαρίνα και η κυρία Ρίζου ανέβησαν εις το κατάστρωμα.  
  ― Ωραία ξαστεριά, είπεν αύτη・ τί να γίνεται τάχα η κόρη μου; Θα απεκοιμήθη.  
  ― Πώς δεν έφερες την Κάκιαν μαζί σου, είπεν η Μαρίνα. Δεν πιστεύω να εκοιμήθη・ θα στεναχωρήται μόνη της κάτω.  





 少し後、マリナとリゾス夫人が、甲板に上がって来た。 
 夫人は言った。「雲もなく美しい星空ね。娘はどうしたかしら? 眠っているのね。」 
 マリナは言った。「どうして、ご一緒でないのでしょう。彼女がもう眠っていたとは信じられないです。下で、一人で、戸惑っているのじゃないかしら。」
posted by kyotakaba at 09:14| Comment(0) | Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

6. Ένα αηδόνι κρυμμένο στα φύλλα

 ヤニス・リッツォスの『 Πρωινό Άστρο 』を読みます。 
 その6、 葉叢に隠れていたナイチンゲールが一羽、  





Ένα αηδόνι κρυμμένο στα φύλλα
νοτισμένο από αστέρια πρωϊνά
πήρε τη θέση της καρδιάς μου.


Κοριτσάκι,
προχτές γεννήθηκες εσύ,
χτές η μητέρα σου κ' εγώ,
σήμερα ο κόσμος.


Πίσω απόνα θάμνο αστέρια
δυό τζιτζίκια παίζουν
τα μαντολίνα τους.
Χίλιες καμπάνες φώς σημαίνουν
πάνω απ' τις στέγες των πουλιών
στη συνοικία των τραγουδιών.


Με χίλια βελουδένια χέρια
χειροκροτάνε τα λουλούδια.


Κοριτσάκι
μες στα κρινάκια χέρια σου
πώς χωράει η ευτυχία;
Μες στα κρινάκια χέρια σου
πώς γυρίζει
σβούρα ασημένια πώς γυρίζει
γυρίζει, γυρίζει, βουΐζει
πώς γυρίζει ο κόσμος.


Και τούτη η μυστική φωτιά
χιλιάδες σπίθες
πούπουλα και σπίθες
πώς γυρίζουν, γυρίζουν, σφυρίζουν
πώς βουΐζουν στην καρδιά μου.


Κράτησέ με, κοριτσάκι.

Θα πέσω απ' το καμπαναριό μιάς μαργαρίτας
πάνω στη χλόη των αστεριών.







葉叢に隠れていたナイチンゲールが一羽、 
朝の星々でしっとり濡れたナイチンゲールが一羽、 
僕のこころの置き所を持って来た。 

お嬢ちゃん、 
おととい、君は産まれた、 
きのう、君の母と、それから、僕が、 
きょう、世界が産まれたんだよ。 

一本の灌木の後ろに、ふたつの星、 
二匹の蝉が、自分たちの 
マンドリンを弾いている。 
歌の街にある、 
鳩の家並の上で、 
千の鐘が、明らかに、鳴っている。 

滑らかな手で、 
花々が拍手する。 

お嬢ちゃん、 
君のスズランの様な手の中に、 
どうやって、幸せを容れておくのか知ら? 
君のスズランの様な手の中で、 
どうやって、 
銀色の独楽が回るのか知ら? どうやって回るの、 
回る、回る、ぶううんと鳴る、 
どうやって、世界は回るのか知ら? 

この不思議なたくさんの光、 
千の火花、 
羽毛と火花、それらが、 
回る、回る、ひゅーっと音を立てる、 
ぶううんと鳴る、僕の心の中で。 

僕を捕まえていて、お嬢ちゃん。 

星の芝生の上に、一輪の雛菊の鐘から
きっと、僕は、落ちるだろうね。 



 
posted by kyotakaba at 08:40| Comment(0) | Πρωινό Άστρο | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

第一部の13章「 Ο όρκος 」6

 アレクサンドロス・パパディアマンティスの『 Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ 』の Μέρος Πρώτον Κεφάλαιον ΙΔ 、第一部の13「 Ο ΟΡΚΟΣ 」を、少し  





  Ότε ανέβη ο πλοίαρχος και αντήλλαξε με τον υιόν του τας ολίγας λέξεις, άς μετεγράψαμεν εν τω προηγουμένω κεφαλαίω, η Κάκια ήκουσε την συνδιάλεξίν των. Έθηκε την χείρα επί του στήθους, ως ίνα σταματήση τους σφοδρούς παλμούς της καρδίας της, και απεμακρύνθη. Κατέβη εις το κύτος και κατεκλίθη επί του στρώματός της.  





 そして、カキアは、その時、甲板に上がった船長が、息子と少ない言葉を交わしていた、( それは前章で述べたことだ )、その二人の会話を聞いたのだ。カキアは、手を胸に当てた。心臓の激しい動悸を止めようとしたのだ。そして、離れて行った。船倉に降りて行き、自分の寝台に倒れ込んだ。  

posted by kyotakaba at 08:26| Comment(0) | Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

5. Κοριτσάκι, μεγάλα μάτια

 ヤニス・リッツォスの『 Πρωινό Άστρο 』を読みます。 
 その5、 お嬢ちゃん、大きな目、なんて大きいんだろう    





Κοριτσάκι,
μεγάλα μάτια
τί μεγάλα ―
σε ποιό ούρανό χαμογελάς
τί βλέπεις πίσω από τα μάτια μας;


Κάτω από τα τριανταφυλλένια πέλματά σου
δυό καρδιές ―
η καρδιά της μητέρας
η καρδιά του πατέρα.
Πάτα γερά.
Δε θα πέσεις.


Όπου ακουμπήσεις πούπουλα και φώς
πούπουλα και φώς η μάνα σου
πούπουλα και φώς εγώ ―
με παίρνει ο αέρας
πούπουλο και φώς.


Κράτησε με, κοριτσάκι,
με παίρνει ο αέρας
πάνω απ' τα βουνά
ψηλά, ψηλά,
γαλανά φτερά
φτερά, φτερά,
μιά θάλασσα φτερά
η χαρά.
Κράτησε με.


Ένα αστέρι μου κλείνει το μάτι του
μιά πεταλούδα μου παίρνει το φλιτζάνι μου
δυό χελιδόνια μου παίρνουν την καρέκλα μου
τέσσερα περιστέρια μου παίρνουν το τραπέζι μου
ένας αϊτός μου πήρε τα ρούχα μου,
γυμνός στον αέρα
στον αέρα
με παίρνει ο αέρας
πούπουλο και φώς.


Μονάχα το χαμόγελό σου
ένας ρόδινος κρίκος να πιαστώ.


κράτησέ με.      





お嬢ちゃん、 
大きな目、 
なんて大きいんだろう、 
どこの空を見て笑ってるんだろう、 
覗き込む僕たちの後ろに、何を見ているんだろう。 

君のばら色の蹠の下に、 
ふたつの心臓、 
母の心臓、
父の心臓。 
しっかり踏みなさい。 
落っこちたりはしないからね。 

君がさわる所はどこも、羽毛と光、
羽毛と光、それはお母さん、 
羽毛と光、僕、 
風が、 
羽毛と光を僕に持ってくるんだよ。  

お嬢ちゃん、僕を捕まえていてね、 
風が僕を連れて行くものだから、
高い、高い、 
山の上のもっと高い所へだよ。 
紺碧の双翼、 
双翼、双翼、 
海の様な双翼、 
晴渡った海の様な。 
僕を捕まえていてね。 

一つの星が、僕にウインクをしてみせる、 
一ひらの蝶が、僕にカップを運んで来る、 
二羽の燕が、僕に僕の椅子を持って来る、 
四羽の鳩が、僕にテーブルを運んで来る、 
一羽の鷲が、僕に僕の服を持って来た、 
風の中で、 
風の中で、僕は裸だ、 
風は、僕に、
一本の羽毛と光を持って来る。 

僕を掴んでいるのは、曉色の  
クロッカス一輪、君の笑顔だけだよ。  

僕を捕まえていてね。 





posted by kyotakaba at 07:37| Comment(0) | Πρωινό Άστρο | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

第一部の13章「 Ο όρκος 」5

 アレクサンドロス・パパディアマンティスの『 Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ 』の Μέρος Πρώτον Κεφάλαιον ΙΔ 、第一部の13「 Ο ΟΡΚΟΣ 」を、少し  





  ― Περιμένω την μητέρα μου, ήτις υπήγε κάτω εις την πρύμνην, απήντησεν η Κάκια.  
  Ο Ζέννος ιστάμενος παρά την πρύμνην, δεν την είχεν ιδεί. Ούτος είχε προσηλωμένον το βλέμμα δια του φεγγίτου εις τον θάλαμον ένθα ευρίσκετο η Μαρίνα. Άλλως δε, ουδ' η Κάκια επλησίασεν εις την πρύμνην.      





 「母を待っているの。船尾の方へ行ったの。」とカキアは答えた。 
 船尾に立っていたゼノスは、カキアを見ていなかった。彼は、天窓を通して、サロンに居るマリナへ、視線を集中させていたのだ。兎に角、カキアは、船尾に近づいて行った。
posted by kyotakaba at 08:57| Comment(0) | Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

4. Τα δέντρα ανθίζουν

 ヤニス・リッツォスの『 Πρωινό Άστρο 』を読みます。 
 その4、 Τα δέντρα ανθίζουν  樹々が花をつけたよ      





Τα δέντρα ανθίζουν,
δεν ξέρουν γιατί,
ανθίζουν.
Τα λουλούδια δε νοιάζονται
να γίνουν καρποί,
γίνονται καρποί.
Κ' εγώ τραγουδάω,
δεν ξέρω γιατί,
τραγουδάω.


Έχω ένα κοριτσάκι
έχω ένα κοριτσάκι.
Είμαι ένα δέντρα μές στη μέση τ' ουρανού.


Σ' ένα μαξιλάρι - φεγγαράκι
το παιδί μου αποκοιμήθηκε.
Όλη η πλάση
στις μύτες των ποδιών
κοιτάζει απ' το παράθυρό μας
κοιτάζει το παιδί μου
που κοιμήθηκε.


Όλα τ' αστέρια
μιά μυγδαλιά ανθισμένη αστέρια
μπρός στο παράθυρό μας
κοιτάζει το παιδί μου
που κοιμήθηκε.


Ο θεός των σπουργιτιών και των παιδιών
πίσω από μιά κουρτίνα λουλουδένια
κοιτάζει το παιδί μου
που κοιμήθηκε.


Σιγά, μανούλα,
σιγά.
Θα το ξυπνήσεις.


Τί θόρυβο που κάνει
η πορτούλα της καρδιάς σου
καθώς ανοιγοκλείνει
στον κήπο της χαράς.


Τί αγέρα που φέρνει
έτσι που ανοιγοκλείνεις
τα
ματόκλαδά σου
θαμπωμένη
απ' το φεγγάρι της χαράς.


Σιγά.  
    Σιγά.

Το παιδί μου κοιμήθηκε
κ' εγώ τραγουδάω.







樹々が花をつけたよ、 
樹々はなぜだかは知らない、 
花をつけるんだ。 
花々は気にはしないよ、 
実がなるかどうかなんて、 
そも、実はなるんだよ。 
だから、僕は歌おう、 
なぜだかは知らない、 
僕は歌うんだ。 

僕は、娘が一人ある、
僕は、娘が一人ある。 
僕は、空の中に立つ、一本の樹なんだ。 

一つのクッションの上で、それは月なのだけど、 
僕の娘は、眠りこんでいる。 
爪先にある、 
全宇宙が、 
僕たちの窓を通して、 
僕の子供を見詰めている、 
眠っている娘を見詰めている。 

一本の花をつけたアーモンドの樹、 
星々のすべてが、その花なのだけれど、 
その樹が、僕たちの窓の前で、 
僕の子供を見詰めている、 
眠っている娘を見詰めている。 

雀たちと子供たちの神が、 
花柄のカーテンの後ろで、 
僕の子供を見詰めている、 
眠っている娘を見詰めている。 

おかあさん、この子を 
起こすのは、 
ずっと、ずっと後だよ。 

嬉しさでいっぱいの庭で、 
君の心臓の小さな扉が、 
開け閉めする度に、起こる音、 
それは、なんて可愛らしいんだろう。 

嬉しさでいっぱいの月が、
まぶしくて、 
あけたりしめたりする君の 
たくさんの 
睫毛が起こす風、 
それは、なんて可愛らしいんだろう。 

しずかに、 
    しずかに、 

僕の子供は眠っている。 
そして、僕は歌う。 

 
posted by kyotakaba at 08:26| Comment(0) | Πρωινό Άστρο | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

第一部の13章「 Ο όρκος 」4

 アレクサンドロス・パパディアマンティスの『 Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ 』の Μέρος Πρώτον Κεφάλαιον ΙΔ 、第一部の13「 Ο ΟΡΚΟΣ 」を、少し  





  Εξηκολούθησε να περιπατή επί του καταστρώματος ώραν τινά. Οι ναύται της φρουράς την παρετήρουν έκθαμβοι. Πώς η νεάνις αύτη άφησε την κλίνην της, και ανέβη μόνη εις το κατάστρωμα φέρουσα την νυκτικήν της εσθήτα; Όπως φυλάξη φρουράν ίσως μετά του πληρώματος; Ήτο υπνοβάτις; Ήτο φάντασμα; Το πράγμα τοίς εφαίνετο παράδοξον.  
  Ο θείος Γουλμής ετόλμησε να τη αποτείνη τον λόγον.
  ― Λοιπόν δεν έχεις απόψε ύπνον, κοκώνα, καθώς φαίνεται.    





 その夜中にも、カキアは、歩き続けていた。見張りの船員たちは、彼女に気が付いて、驚いた。この娘は、どうやって、寝台を離れ、夜着を来たまま、一人で甲板に上がって来たのだろうか? もしかして、乗組員と一緒に見張りをするのだろうか? 夢遊病者なのだろうか? 幽霊なのだろうか? 彼女が居ることは、とても変に思えたのだ。 
 グウルミス叔父は、大胆にも、娘に話し掛けた。 
 「やあ、今夜は眠らないのかい、お嬢ちゃん、そう見えるよ。」
posted by kyotakaba at 08:23| Comment(0) | Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

3. Κοιμήσου, κοριτσάκι

 ヤニス・リッツォスの『 Πρωινό Άστρο 』を読みます。 
 その3、Κοιμήσου, κοριτσάκι  眠りなさい、お嬢ちゃん  





Κοιμήσου, κορισάκι.
Ανάμεσα σε δυό αστραπές χαμόγελα
ένα γλαυκό - γλαυκό ελαφάκι σε κοιτάζει.
Ένα μικρό - μικρό ποτάμι αστέρια
και δυό κεράσια
σου φέρνει το ελαφάκι μες στο στόμα του


Κ' εγώ σου πλέκω
σου πλέ - σού πλέκω, κοριτσάκι,
με λυγαριές, με λυγαρίτσες
κομμένες απ' τις πιό χρυσές αχτίνες
σου πλέ - σου πλέκω
ένα μικρό - μικρό καλάθι
να το περάσεις στο μικρό - μικρόν αγκώνα σου
να βγείς στη στράτα, κοριτσάκι,
κι ό,τι θα βάζεις μέσα, κοριτσάκι,
ίσκιο ή πετρούλα ή μολυβένιο στρατιωτάκι
θα γίνεται άσπρο φώς και λουλακί κρινάκι.


Κοιμήσου.
Να μεγαλώσεις γρήγορα.
Είναι πικρή - πικρή η ζωή μας, κοριτσάκι,
και πρέπει να τη σιάξουμε
γλυκειά - γλυκειά τη ζωή σου.


Κοιμήσου, κοριστσάκι.

Σ' ένα κλωνί γαζίες - γαζίες χαμόγελα
σ' ένα κλωνάκι αστέρια
κρεμάσαμε σημαιούλες τις ανάσες μας
να σου αερίζουν τα μαλλάκια,
κρεμάμε κ' ένα σπαθάκι φώς να ξεφλουδίζεις
τα φλούδι του ίσκιου απ' της αυγούλας τα ροδάκινα.


Κοιμήσου.







眠りなさい、お嬢ちゃん。 
二本の稲妻の間に、笑顔が、 
まっ青な - まっ青な子鹿が、君を見てる。 
一本の、星々で出来た小さな - 小さな川。 
そして、子鹿は、 
君のお口の中に、二つのサクランボを入れるよ。 

それで、僕は君に、編んであげよう、 
君に、あ、君に編んであげよう、お嬢ちゃん。 
コリヤナギで、小さなコリヤナギで、 
一番の黄金の光線で切り取られたコリヤナギの枝でね、 
君に、あ、 − 君に編んであげよう、 
ひと振りの、ちいさな、 − ちいさな籠を。 
それをね、君のちいさな、ちいさなひじにかけるんだよ、 
お嬢ちゃん、それで、通りに出掛けるんだよ、 
お嬢ちゃん、君が中に入れるのは、きっと、 
影の小石か、鉛の兵隊か、だね、 
それはどれも、まっしろな光り、ユリの花になるんだね。 

眠りなさい。 
そして、はやく大きくなるんだよ。 
僕らの人生は、苦い、苦いものなんだ、お嬢ちゃん。 
でも、僕たちは、 
君の人生は、甘い、甘いものにしなくてはならない。  

眠りなさい、お嬢ちゃん。  

一本の枝に、甘アカシアの枝、花をつけた甘アカシアの枝に、 
一本の小枝に、星の小枝に、 
僕たちは、僕たちの息を入れた浮標をかけておくね、 
その息が、君の髪を吹き流すだろうからね、 
それから、光の剣もかけておくね、 
それで、君は、夜明けの桃色から影の皮を剥きとるんだよ。 

眠りなさい。 


  
posted by kyotakaba at 10:11| Comment(0) | Πρωινό Άστρο | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

第一部の13章「 Ο όρκος 」3

 アレクサンドロス・パパディアマンティスの『 Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ 』の Μέρος Πρώτον Κεφάλαιον ΙΔ 、第一部の13「 Ο ΟΡΚΟΣ 」を、少し  





  Το άσμα τούτο διέθηκε κακώς την Κάκιαν. Τη εφάνη ως να ήτο χρησμός περί της τύχης της. Την εσπέραν εκείνην ήτο λίαν ευερέθιστος η κόρη αύτη. Ενόμισεν ότι η μελαχροινή του άσματος ήτο η Μαρίνα, και η ξανθούλα ήτο αυτή.  
  Διατί όμως να ζηλεύη; Ηγάπα αρά γε αύτη τον Ζέννον, ένα ναύτην, ή ήξευρε τουλάχιστον μετά βεβαιότητος ότι η Μαρίνα ηγαπάτο παρ' αυτού; Αγνοούμεν. Το βέβαιον είναι ότι εζήλευεν.  





 その歌は、カキアに辛く当たっていた。カキアには、自分の運命についての神のお告げの様に思われた。その宵、彼女は、とても苛立っていた。「黒髪の娘」はマリナで、「金髪の娘」は自分だと思ったのだ。 
 けれども、何故、嫉妬するのか? そもそも、彼女は、一人の船乗り、ゼノンを愛しているのか? あるいは、少なくとも、マリナが彼から愛されているのはほぼ確実と、彼女は知っているのか? 我々には分からない。確かなのは、彼女は嫉妬していたと言うことだ。
posted by kyotakaba at 08:35| Comment(0) | Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

2. Πώς τα φίλιωσες

 ヤニス・リッツォスの『 Πρωινό Άστρο 』を読みます。 
 その2、Πώς τα φίλιωσες  君は何もかもとなかよくなる     





Κοριτσάκι,
πώς τα φίλιωσες όλα. πώς τάσμιξες ―
καμιά φωνή δε λέει μου ≪όχι≫,
έτσι καθώς με δένεις
μ' έχτρούς και φίλους
με τα παλιά και τ' αυριανά
όλα αυριανά
κι όλα για πάντα.


Πούναι ο παλιός γκρεμνός; ― δε βλέπω ―
γκρεμνός δεν είναι ―
γεφύρι εσύ
κι ούτε γεφύρι,
ζωή.


Ανάμεσα στη μάνα σου και μένα
εσύ
ανάμεσα στο χτές και τ' αύριο
εσύ
ανάμεσα στο χώμα και στο φώς
εσύ ―
η ζωή τραβάει, τραβάει
κ' η σιωπή
άκου πώς μιλάει
πώς χαμογελάει.


Έτσι καθώς με φίλιωσες
μ' εχτρούς και φίλους
οι φλέβες μου μές στα πουλιά
οι ρίζες μου στη θάλασσα
τα φύλλα μου στ' αστέρια.


Έτσι να κάνω θα διαβώ
με μιά μονάχα δρασκελιά
γή κι ουρανό.


Κοριτσάκι,
ένα λευκό περιστεράκι
με δυό φτερά ανοιχτά
την κούνια σου φωτά.


Ώρα καλή κι ώρα χρυσή
ήρθες με την καλήν αυγή
κ' η αυγή με σένα
να σμίξεις ουρανό και γή
κ' η ζωή να γίνει
φώς και ψωμί
φώς και κρασί
φώς και γαλήνη.


Και πίσω από την πόρτα μας
η κυρά, η νοικοκυρά
η γκαρδιακιά
η μεγάλη, η άγια σκούπα
με τις δυό γερές γροθιές στη μέση
πάντα ξάγρυπνη, πάντα έτοιμη
δεν αφήνει
φύλλο κίτρινο να πέσει
απ' την άρρωστη σελήνη
μήτε σκιά να δρασκελήσει
το κατώφλι μας
μη σκοντάψει, μην πονέσει
μήτε στο μικρό - μικρό νυχάκι της
η ειρήνη.
     






お嬢ちゃん、 
君は何もかもとなかよくなる、一緒にいられる、って。  
「違う」って、僕に言う声はひとつもないよ。 
それでね、君と僕を結びつけるのと同じで、
敵と味方を結びつけるんだね。 
昔のこととあしたのことを結びつけもするんだ。 
あしたからの全部のことと、
ずっとあることの全部も結びつけるんだね。 

昔の崖はどこにあるの? ー 僕は見たことがない ー 
崖はないんだ ー 
橋だ、君は、 
いや、橋でもない、 
命だ。 

君のお母さんと僕の間に、 
君。 
きのうとあしたの間に、 
君。 
大地と光りの間に、 
君。 ― 
命はいつも突き進んでいるんだ。それに、
静寂も続いているよ。 
聴きなさい、命が何て言っているか、
聴きなさい、どんなふうに笑うのか。 

それで、僕となかよくなる様に、君は、 
敵とも、味方ともなかよくなるんだね、 
鳥たちの中に、僕の血流、 
海に、僕の根、 
星々に、僕の花片。 

それで、僕はやって見よう、たった一歩で、 
大地と空を 
通り過ぎる。 

お嬢ちゃん、 
二枚の羽を広げた、 
白い小鳩が、 
君のぶらんこを照らしているよ。 

そして、すべてが黄金の素敵な時間だ、 
君は、素敵な夜明けと一緒に来るんだね、 
夜明けは君と一緒に来るんだね、 
そして、空と大地を一緒にするんだ、 
そして、命は、 
光りとパンに、 
光りとワインに、 
光りと凪になるんだよ。 

それから、僕たちのドアの後ろに、 
夫人、主婦、
温かな心の持ち主、 
大きな、神聖な箒がいる、 
腰には、強いげんこつを持ってる、 
ずっと眠らずにいる、いつでも用意出来ている、 
彼女は、 
病気の月のために、 
黄色い葉が落ちるのを放っておかない、 
それに、僕たちの敷居を 影が 
大股で一跨ぎするのも放っておかない、 
それで、躓くこともないし、けがもしない、 
ちいさな、ちいさな、小指も無事、 
泰平と言う女の人。






   
posted by kyotakaba at 09:42| Comment(0) | Πρωινό Άστρο | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

第一部の13章「 Ο όρκος 」2

 アレクサンドロス・パパディアマンティスの『 Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ 』の Μέρος Πρώτον Κεφάλαιον ΙΔ 、第一部の13「 Ο ΟΡΚΟΣ 」を、少し  





  Η νύξ ήτο μεγαλοπρεπής. Τα άστρα έλαμπον τρέμοντα επί του στερεώματος, και αποσπώμενα απ' αυτού εφαίνοντο ως να έπιπτον εις το φρίσσον πέλαγος, όπερ εφωσφάριζεν εις μυρίους κυματισμούς. Ο άνεμος εβόμβει δια τών ιστών και τών εξαρτίων・ ηκούετο σιγανώς το άσμα του παρά την πρώραν ισταμένου και καπνίζοντος την πίπαν του Κώτσου.

     Ο ναύτης της μελαχροινής ένα φιλί γυρεύει,  
     και η ξανθούλα ζήλεψε και πάντα θα ζηλεύη.  





 夜は絢爛だった。天空上にある、星々は、瞬きながら輝いていた。そして、天空から離れて、大海原に、小刻みに揺れながら落ちているように見えた。そして、幾万もの波を燐光で照らしていた。風は、帆や索具で唸り声を上げていた。船首に一人で立ってパイプを吹かしている、コースタスの歌う歌が、幽かに聞こえていた。  

 「船乗りは、黒髪の娘の口付けを求めている、 
  それで、金髪の娘が嫉妬する、いつも、嫉妬する。」
posted by kyotakaba at 08:05| Comment(0) | Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

第一部の13章「 Ο όρκος 」1

 アレクサンドロス・パパディアマンティスの『 Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ 』の Μέρος Πρώτον Κεφάλαιον ΙΔ 、第一部の13「 Ο ΟΡΚΟΣ 」を、少し  





  Ήτο η Κάκια, ήτις είχεν ακούσει εκ προθέσως ή εκ τύχης τον διάλογον του Ζέννου και του πατρός αυτού. Αύτη είχεν αντισταθή εις την φαντασίαν την επελθούσαν εις την μητέρα της όπως επισκεφθή την Μαρίναν κατ' εκείνην την νύκτα. Αύτη όμως επέμεινε. Τότε φοβουμένη ίσως να μείνη μόνη εν τω κύτει, ηγέρθη και ανέβη εις το κατάστρωμα φορούσα την νυκτικήν της ενδυμασίαν.  





 それはカキアだった。カキアは、意図してなのか、偶々なのか、ゼノスの彼の父との会話を聞いていたのだ。カキアの母がマリナの所へ急な訪問をした後でも、カキアは妄想を消し去ることはしなかった。妄想は、そのままだった。そうして、恐らくは、船倉に一人で居るのは恐いので、立ち上がって、夜着を来たまま、甲板に上がったのだった。
posted by kyotakaba at 08:43| Comment(0) | Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

1. Κοριτσάκι μου

 ヤニス・リッツォスの『 Πρωινό Άστρο 』を読みます。 
 その1、Κοριτσάκι μου  かわいいお嬢ちゃん   




Κοριτσάκι μου, θέλω να σού φέρω
τα φαναράκια κρίνων
να σού φέγγουν τον ύπνο σου.


Θέλω να σού φέρω
ένα περιβολάκι
ζωγραφισμένο με λουλουδόσκονη
πάνω στο φτερό μιάς πεταλούδας
για να σεργιανάει το γαλανό όνειρό σου.


Θέλω να σου φέρω
ένα σταυρουλάκι αυγινό φώς
δυό αχτίνες σταυρωτές απ' τους στίχους μου
να σου ξορκίζουν το κακό
να σου φωτάνε
μη μου σκοντάψεις, κοριτσάκι,
έτσι γυμνόποδο και τρυφερό
στ' αγκάθι κ' ενός ίσκιου.


Κοιμήσου.
Να μεγαλώσεις γρήγορα.
Έχεις να κάνεις πολύ δρόμο, κοριτσάκι,
κ' έχεις δυό πεδιλάκια μόνο από ουρανό.
Κοιμήσου.


Το πρόσωπο της μητερούλας φέγγει
πάνω απ' τους ρόδινους λοφίσκους του ύπνου σου
εαρινό φεγγάρι
ανάμεσα απ' τα στάχυα της έγνοιας της
και τα τριαντάφυλλα των τραγουδιών μου.


Κοιμήσου, κοριτσάκι.
Είναι μακρύς ο δρόμος.
Πρέπει να μεγαλώσεις.
Είναι μακρύς

         μακρύς
              μακρύς ο δρόμος.   






かわいいお嬢ちゃん、持って来てあげよう、
ユリの束のランプをね、 
君のゆめを照らすから。 

持って来てあげよう、 
可愛いお庭をね、 
お庭って、一羽の蝶だよ、
羽の上に模様を描いてる鱗粉は、花片の様だからね、
蝶は、君の青い夢の中をふらふら飛び回るから。 

持って来てあげよう、 
可愛い十字のオーロラの光りをね、 
十字はね、僕の詩の二行が光線になって、交差しているんだよ、 
二本の光線が、君の禍いを払うからね、 
君を照らすからね、 
お嬢ちゃん、僕にぶつからないでね、 
だって、柔らかい裸足なのだし、 
影には棘があるんだよ。  

眠りなさい。 
早く大きくなるからね、
長い道を歩かないといけないのだから、お嬢ちゃん、 
それに、君はサンダルを一足しか持ってないからね、空で出来たサンダルだね。 
眠りなさい。  

乳母さんのお顔は輝いているよ、 
君の夢の中の薔薇色の低い丘の上で輝いているんだ。 
お顔は、春の月なんだよ。 
お顔は、君へ降り注ぐ乳母さんの細かな目配りが光線の束になって四方に出ている、
その真ん中に、僕の歌の薔薇の茂みの真ん中に、あるんだよ。 

眠りなさい、かわいいお嬢ちゃん。 
道は長いんだよ。 
君は大きくならないといけない。 
道はね、長いんだ、 
        長いんだよ、 
             長い道なんだ。  



posted by kyotakaba at 08:25| Comment(0) | Πρωινό Άστρο | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

第一部の13章「 Η ΩΤΑΚΟΥΣΤΡΙΑ 」16

 アレクサンドロス・パパディアマンティスの『 Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ 』の Μέρος Πρώτον Κεφάλαιον ΙΓ 、第一部の13「 Η ΩΤΑΚΟΥΣΤΡΙΑ 」を、少し  





  ― Δεν την περιποιούμαι υπερβολικώς, ουδε της ομιλώ μάλιστα άνευ ανάγκης. Εξεύρεις την υπόληψιν, ήν έχω πρός την δυστυχή αυτήν κόρην. Δεν θέλω να την ενοχλώ παντλώς. Αλλά την στιγμήν εκείνην ήτο σκυμμένη κάτω・ το πρόσωπόν της εφαίνετο πολύ θλιμμένον・ και ίσως την εκοίταξα εκ λύπης.  
  Την στιγμήν εκείνην λευκή σκιά εφάνη ολισθήσασα όπισθεν του πρυμναίου ιστού, παρ' όν ίσταντο οι δύο συνδιαλεγόμενοι. Αύτη απεσπάσθη εκείθεν και διευθύνθη πρός την πρώραν.  
  Ο πλοίαρχος δεν παρετήρησε την σκιάν ταύτην, διότι είχε τα νώτα εστραμμένα πρός το μέρος εκείνο・ ο Ζέννος όμως την είδε, και εψιθύρισεν εκπλαγείς.  
  ― Θεέ μου! λοιπόν δεν είναι μόνη η μήτηρ τρελή.





 「僕は、彼女に余計なお節介はしてません。それに、必要もないのに、直接に話し掛けたりもしてません。あの不幸な彼女に対して私が抱いている敬意を、父さんも分かるでしょう。煩わしい思いをさせようとはちっとも思ってないんだ。彼女が下で身を縮こませた時、その顔がとても悲しんでいる様に見えんです。おそらくは、僕は、彼女に悲嘆を見取ったのです。」 
 その時、白い影が、船尾の帆柱の後ろに現れた。話している二人が立っている向こうだ。その影はそこを離れ、船首の方へ向かって行った。 
 船長は、その影に気が付かなかった。そちらに背中を向けていたからだ。一方、ゼノスは影を見た。そして、驚いて、囁いた。 
 「ああ、神様! おかしいのは、母親だけではなかった。」   





第一部の13「 Η ΩΤΑΚΟΥΣΤΡΙΑ 」、終わり。
posted by kyotakaba at 09:14| Comment(0) | Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

第一部の13章「 Η ΩΤΑΚΟΥΣΤΡΙΑ 」15

 アレクサンドロス・パパディアマンティスの『 Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ 』の Μέρος Πρώτον Κεφάλαιον ΙΓ 、第一部の13「 Η ΩΤΑΚΟΥΣΤΡΙΑ 」を、少し 





  Ενταύθα ο Ζέννος διηγήθη ακριβώς την γνωστήν ημίν σκηνήν της αλλοκότου εκείνης εξετάσεως, εις ήν τον είχεν υποβάλει αυθημερόν η κυρία Ρίζου.  
  ― Έχεις δίκαιον, είπεν ο πλοίαρχος. Αλλά δεν κάμνεις καλά να φέρησαι παραπολύ περιποιητικώς πρός την ορφανήν, μήτε να την κοιτάζης. Αλλά σύ, φαίνεται, δεν άφησες ακόμη κατά μέρος την αδυναμίαν σου. Η νέα αυτή, όπως είναι τώρα, δεν δύναται να έχη τον νούν της εις τον έρωτα, ούτε εις τον γάμον. Να μην είσαι άκαιρος. Και άν τέλος την αγαπάς πράγματι, φρονιμώτερον είναι δια σε να προσποιήσαι ότι δεν την βλέπεις.   





 そこで、ゼノスは、私たちが既によく知っている風変わりな尋問の場面を、正確に語った。それは、その当日に、リゾス夫人がゼノスに行ったものだった。 
 「お前は正しい。」船長はそう言った。「けれども、お前は、親を亡くした娘に対して、細かな気配りをして、上手く立ち回ってはいない。それに、娘をよく分かってもいない。とは言っても、お前は、自分の気弱さを、そのままにはしておかない様だね。あの若い娘は、今のままでは、恋も結婚も出来るような心持ちではないんだ。時宜を失することのないようにしたらいい。あの娘を愛しているのなら、見ない振りをするのが、お前にとって、最も賢明な事だ。」
posted by kyotakaba at 08:55| Comment(0) | Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

第一部の13章「 Η ΩΤΑΚΟΥΣΤΡΙΑ 」14

 アレクサンドロス・パパディアマンティスの『 Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ 』の Μέρος Πρώτον Κεφάλαιον ΙΓ 、第一部の13「 Η ΩΤΑΚΟΥΣΤΡΙΑ 」を、少し 





  Την αυτή στιγμή, καθ' ήν ελέγοντο ταύτα υπό το κατάστρωμα, ο πλοίαρχος Βίλλιος συνδιελέγετο ταπεινή τη φωνή με τον υιόν του υπέρ την οροφήν του θαλάμου τούτου.  
 ― Είπε εις την Μαρίναν να δυσπιστή πρός αυτήν την γυναίκα, έλεγεν ο Ζέννος.  
 ― Διατί;  
 ― Δεν της θέλει το καλόν της.  
 ― Πώς το εξεύρεις;  






 その時、そこは、甲板になるのだけれど、ビロス船長は息子と、部屋の天井の上で、声を潜めて話していた。 
 ゼノスは言った。「マリナには、僕の妻になるなんてこと、本気にしない様に言って下さい。」 
 「如何してだ?」 
 「あの子の善性が望んでないんだ。」
 「如何してお前にそれが分かるんだ?」
posted by kyotakaba at 07:59| Comment(0) | Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

第一部の13章「 Η ΩΤΑΚΟΥΣΤΡΙΑ 」13

 アレクサンドロス・パパディアマンティスの『 Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ 』の Μέρος Πρώτον Κεφάλαιον ΙΓ 、第一部の13「 Η ΩΤΑΚΟΥΣΤΡΙΑ 」を、少し 





 ― Αλήθεια, είπεν ο κύριος Ρίζος.  
 ― Θέλεις να κατοικήσης μαζί μας, εις την οικίαν μας; επανέλαβεν η κυρία Ρίζου σπεύδουσα να προχωρήση με μακρά βήματα εις τούς συνδυασμούς τούτους της φαντασιώδους φιλοστοργίας.  
 ― Θα ίδωμεν, είπεν η Μαρίνα.  
 ― Άς φθάσωμεν πρώτα υγιείς, προσέθηκεν η κυρία Ρίζου.    





 「それは本当だ。」とリゾス氏は言った。
 「あなたは、わたしたちの家に、私たちと一緒に住みたくはないの?」とルゾス夫人はまた言った。夫人は、急いていた。気紛れな愛情で、一気に進んだ。 
 「いつかは分かるでしょう。」とマリナは言った。 
 「まずは、健康になりましょう。」とリゾス夫人は付け加えた。
posted by kyotakaba at 08:37| Comment(0) | Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

第一部の13章「 Η ΩΤΑΚΟΥΣΤΡΙΑ 」12

 アレクサンドロス・パパディアマンティスの『 Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ 』の Μέρος Πρώτον Κεφάλαιον ΙΓ 、第一部の13「 Η ΩΤΑΚΟΥΣΤΡΙΑ 」を、少し    





  Η δε κυρία Ρίζου δεν ανησύχησε παντελώς περί τούτου, αλλ' επανέλαβε τας διεξοδικάς φιλοφρονήσεις.  
 ― Θα περάσωμεν καλά εις την Σμύρνην, Μαρίνα, άν επιθυμής την φιλίαν μας. Το πένθος σου θα λησμονηθή κατ' ολίγον, και η Κάκια, ήτις είναι τόσον εύθυμος, θα σε διασκεδάζη αδιακόπως.  
 ― Και εγώ αγαπώ την συναναστροφήν της Κάκιας, είπεν η Μαρίνα.  
 ― Όσον δια τον σύζυγόν μου, είναι ο φιλησυχώτερος ανήρ του κόσμου και ο μάλλον σεβόμενος το γυναικείον φύλον.   





 一方、リゾス夫人は、そうしたことには、全く気に掛けていなかった。けれども、くどくどしいお世辞を繰り返していた。 
 「スミルニでは、楽しく過ごせるでしょうよ。マリナ、あなたが、わたしたちと仲良くしたいのならね。あなたの悲しみは、すぐに忘れらるでしょう。カキアはね、とても陽気な子ですからね、いつだって、あなたの不安を吹き飛ばすでしょうよ。」 
 「ええ、わたしは、カキアとお友達で嬉しいです。」とマリナは言った。 
 「わたしの夫はね、世界の誰よりも友好的な人なんですよ。どちらかと言えばね、女性を尊重する人なのよ。」 


2017年3月15日訂正: 
「スメルナでは、楽しく過ごせるでしょうよ。
スメルナ → スミルニ 
posted by kyotakaba at 09:25| Comment(0) | Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

第一部の13章「 Η ΩΤΑΚΟΥΣΤΡΙΑ 」11

 アレクサンドロス・パパディアマンティスの『 Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ 』の Μέρος Πρώτον Κεφάλαιον ΙΓ 、第一部の13「 Η ΩΤΑΚΟΥΣΤΡΙΑ 」を、少し 





Και ζητήσας συγγνώμην παρά των επισκεπτών του έθηκε τον πόδα επί της κλίμακος ίνα εξέλθη.  
 ― Διατί, πλοίαρχε; είπεν η κυρία Ρίζου.  
 ― Έχω εργασίαν επάνω. Έπειτα είναι ωραία εσπέρα απόψε, και εδώ κάτω είναι στενόχωρα. Άν θέλη η Μαρίνα ν' αναβήτε, ο καθαρός αήρ θα σας είναι ευάρεστος. Και το ψύχος της θαλάσσης ακόμη είναι ωφέλιμον.  
Είτε τυχαίως είπεν ο πλοίαρχος τούτο, είτε σκοπίμως, η Μαρίνα τον ευχαρίστει εντός της καρδίας της δια την συμβουλήν.   





 そして、船長は、来訪者に失礼と言って、外へ出ようと、梯子に足を載せた。
 「どうしてです? 船長さん」とリゾス夫人は言った。 
 「上で、仕事があるのです。それに、今夜は素晴らしい夜です。下は狭いでしょう。もし、マリナが上に上がりたいのなら、澄んだ空気は貴方たちには気持ちいいものでしょう。海の寒ささえ、有益ですよ。」 
 偶然になのか、意図してなのかは分からないけれど、船長はそう言った。マリナは、船長が自分を助けてくれたことを、心の中で感謝した。 
posted by kyotakaba at 09:13| Comment(0) | Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

第一部の13章「 Η ΩΤΑΚΟΥΣΤΡΙΑ 」10

 アレクサンドロス・パパディアマンティスの『 Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ 』の Μέρος Πρώτον Κεφάλαιον ΙΓ 、第一部の13「 Η ΩΤΑΚΟΥΣΤΡΙΑ 」を、少し 





 ― Όχι ποσώς, είπεν η Μαρίνα.  
 ― Τότε θα μας ενθαρρύνης, θα επανέλθωμεν και άλλοτε. Και τω όντι, δεν εννοώ διατί πρέπει να μένης πάντοτε κλεισμένη μόνη σου・ δεν εννοώ διατί δεν πρέπει να έχωμεν εγκαρδίους σχέσεις.  
 ― Σας ευχαριστώ, είπεν η ορφανή.  
 ― Η Μαρίνα θέλει να είναι φίλη όλων, είπεν ο πλοίαρχος σπεύσας εις βοήθειαν αυτής・ αλλά και οι άλλοι άς μη απορώσιν άν εξ ανάγκης είναι ολίγον στενοχωρημένη και βαρετή.   




 「いいえ、少しも。」とマリナは言った。 
 「そう、あなたは、きっと、わたしたちを励ましてくれるでしょうね。そして、わたしたちは、いつか、帰れるでしょう。それはそれ。だからと言って、あなたが、ずっと、閉じ籠っていなければならない、と言うことではないと思うわ。ね、だからと言って、わたしたちが親交を結んではならない、と言うことはないと思うの。」 
 「お礼を言います。」と孤独な娘は言った。 
 船長は急いでマリナに助け舟を出した。「マリナは、誰とも仲良くしたいと思っている。けれども、他の者たちは、この子が意気消沈したり鬱いだりする必要はないのでは、等と思うのは止しましょうよ。」
posted by kyotakaba at 08:44| Comment(0) | Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

第一部の13章「 Η ΩΤΑΚΟΥΣΤΡΙΑ 」9

 アレクサンドロス・パパディアマンティスの『 Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ 』の Μέρος Πρώτον Κεφάλαιον ΙΓ 、第一部の13「 Η ΩΤΑΚΟΥΣΤΡΙΑ 」を、少し    





  ― Ά, εδώ είσαι; είπε βλέπουσα αυτόν・ χαίρω διότι σε ηύρα εδώ. Ημείς τόσας ημέρας αφήσαμεν την Μαρίναν μοναχήν, και ήτο λυπημένη. Άλλον εκτός της Ανθούσης και του πλοιάρχου, όστις δεν ευκαιρεί πολύ, δεν είχε δια συντροφίαν. Λοιπόν δεν εκάμαμεν καλά να έλθωμεν, Μαρίνα; Τί λέγεις;  
  ― Καλώς ήλθετε, είπεν η νεάνις προσπαθούσα να μειδιάση.  
  ― Ήτο ανάγκη να το είπης, διότι άλλως, σε βεβαιώ, πολύ εδιστάζομεν, ο σύζυγός μου και εγώ, φοβούμενοι μή σ' ενοχλήσωμεν.  





 夫人はリゾスを見ると言った。「ああ、此所にいたの。此所で見つけられて良かったわ。私たちは、一日中、マリナを一人にさせておいたのよ。彼女は悲しんでいるからね。アンスウサと船長は別よ。あまり時間はないのですから、お付き合いはないのよ。さあ、マリナ、一緒に行って、愉しく過ごしましょう。何かあるかしら?」 
 「ようこそ、いらっしゃいました。」、と娘は言った。そして、微笑もうとしていた。 
 「言っておかなければならないわ。ともかく、あなたにははっきりさせておきましょう。わたしと夫はね、どうなのかと思っているのよ。わたしたちは、あなたを困らせているのじゃないか知ら。」
posted by kyotakaba at 19:35| Comment(0) | Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

第一部の13章「 Η ΩΤΑΚΟΥΣΤΡΙΑ 」8

 アレクサンドロス・パパディアマンティスの『 Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ 』の Μέρος Πρώτον Κεφάλαιον ΙΓ 、第一部の13「 Η ΩΤΑΚΟΥΣΤΡΙΑ 」を、少し 





  Η Μαρίνα ευχαριστήθη εντελώς εκ της απαντήσεως του πλοιάρχου και ενόμισεν ότι απηλλάχθη. Ενώ δε ήνοιγε το στόμα να προσθέση και αυτή ολίγας λέξεις, όπως μή φανή υπερβαλλόντως ψυχρά, βλέπει άλλον καταβαίνοντα την μικράν κλίμακα. Ήτο η κυρία Ρίζου.  
  Η Ανθούσα ωργίσθη άμα ιδούσα αυτήν. Βεβαίως το ν' ακολουθήση κατά τον σύζυγον αυτής εις την επίσκεψιν ταύτην εσήμαινεν ότι ήσαν συνεννοημένοι, και πιθανώς είχεν αποστείλει τον σύζυγόν της ως πρόδρομον εαυτής.   





 マリナは、船長の応えにすっかり喜んだ。もう解放されたと思った。そして、酷く冷淡に見えない様に、口を開き、短い言葉を加えた。そして、他の誰かが小さな部屋に降りて来たのを見た。リゾス夫人だった。 
 アンスウサは、夫人を見ると、直ぐに、苛立った。夫人が夫の後から遣って来たのは、明らかに、二人が示し合わせていたと思われた。おそらく、自分の先触れとして、夫を送り出したのだ。 
posted by kyotakaba at 07:57| Comment(0) | Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

第一部の13章「 Η ΩΤΑΚΟΥΣΤΡΙΑ 」7

 アレクサンドロス・パパディアマンティスの『 Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ 』の Μέρος Πρώτον Κεφάλαιον ΙΓ 、第一部の13「 Η ΩΤΑΚΟΥΣΤΡΙΑ 」を、少し     





  Ο πλοίαρχος και η Ανθούσα εκοίταξαν τον κ. Ρίζον μηδέν εννοούντες. Η ορφανή έστρεψεν ικετικόν βλέμμα πρός τον προστάτην αυτής, ως να τω έλεγεν・ ≪ Απαντήσατε, παρακαλώ, αντ' εμού ≫.  
  Ο πλοίαρχος κατενόησε τούτο το βλέμμα.  
  ― Μη ανησυχείτε, κύριε Ρίζε, είπεν, η Μαρίνα θέλει καλόν δι' όλον τον κόσμον και διά σας επίσης. Άν δε επί του παρόντος φαίνεται αδιάθετος και μελαγχολική, απόδοτε τούτο εις την λύπην, εις ήν την εβύθισεν η στέρησις των γονέων της.  





 船長とアンスウサは、何も言わず、リゾスを見詰めた。マリナは、嘆願するような視線を自分の後見人の方へ向けた。と、船長とアンスウサに、「わたしの代わりに、答えて下さい。」と言う目だった。 
 船長は、その眼差しの意味がすっかり分かった。 
 船長は言った。「リゾスさん、不安がらせないで下さい。マリアは、誰にも良い様にと思っていますよ。勿論、貴方たちにも役に立つ様になりたいと思っているのです。今現在、元気がなく憂鬱そうに見えるとしたら、悲しみの所為ですよ。両親を失ったことが、この娘を悲しみに沈めているのですよ。」
posted by kyotakaba at 08:13| Comment(0) | Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

第一部の13章「 Η ΩΤΑΚΟΥΣΤΡΙΑ 」6

 アレクサンドロス・パパディアマンティスの『 Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ 』の Μέρος Πρώτον Κεφάλαιον ΙΓ 、第一部の13「 Η ΩΤΑΚΟΥΣΤΡΙΑ 」を、少し      





 ― Ετόλμησα να σας πειράξω, είπεν ο κ. Ρίζος, χάριν της κυρίας Μαρίνης, την οποίαν δεν βλέπομεν πολύ συχνά επάνω. Η σύζυγός μου και η κόρη μου θλίβονται πολύ, διότι η κυρία Μαρίνα φαίνεται ως να τας αποφεύγη. Επιθυμώ να εξεύρη η κυρία Μαρίνα ότι είμεθα φίλοι της και ευχαρίστως επιθυμούμεν τη συναναστροφήν αυτής και η στέρησίς της μας λυπεί παραπολύ.    





 リゾス氏は言った。「敢えて邪魔するつもりはないんだ。マリナ嬢のことでね。上では、ほとんど、マリナ嬢に会えないんだよ。私の妻と娘は、私をとても困らせるのだ。マリナ嬢があれらを避けている様なのでね。私は、マリア嬢に、私たちはあの娘と友人で、彼女との交際を強く願っている、それに、マリナ嬢の困窮をとてもとても悲しく思っているのだ、と言うことを分かって貰いたいと、強く願っているのだ。」
posted by kyotakaba at 08:35| Comment(0) | Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

第一部の13章「 Η ΩΤΑΚΟΥΣΤΡΙΑ 」5

 アレクサンドロス・パパディアマンティスの『 Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ 』の Μέρος Πρώτον Κεφάλαιον ΙΓ 、第一部の13「 Η ΩΤΑΚΟΥΣΤΡΙΑ 」を、少し  





  Αι αναμνήσεις αύται ήσαν βεβαίως λυπηραί εις την Μαρίναν, και ο πλοίαρχος ητοιμάζετο ν' αλλάξη την ομιλίαν. Αλλά την στιγμήν εκείνην κατήλθέ τις δια του οπαίου εις τον θάλαμον, ενώ είχον ήδη τελειώσει τον δείπνον αυτών. Ήτο ο κύριος Ρίζος. Ο πλοίαρχος ηγέρθη και τω έκαμε τόπον να καθίση. Η Μαρίνα και η Ανθούσα συνεμαζεύθησαν εις την άκραν των.   





 それらの思いでは、マリナには悲しいものだったのは、確かだ。船長は、会話を変えようとしていた。夕食は、もう皆が終えていた。しかし、正にその時、サロンに降りて来た者があった。リゾス氏だった。船長は、立ち上がり、彼に座る場所を作った。マリナとアンスウサは、手足を縮こませた。 
posted by kyotakaba at 08:37| Comment(0) | Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

第一部の13章「 Η ΩΤΑΚΟΥΣΤΡΙΑ 」4

 アレクサンドロス・パパディアマンティスの『 Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ 』の Μέρος Πρώτον Κεφάλαιον ΙΓ 、第一部の13「 Η ΩΤΑΚΟΥΣΤΡΙΑ 」を、少し  





 ― Η ευγενία σου ήσο φίλος του ατυχούς κυρίου μου, και δια τούτο σου ομιλώ με θάρρος. Αλλά πώς! Δεν ενθυμείσαι, Μαρίνα, οπού σ' εκρατούσα εις τας χειράς μου όλον το ταξίδιον, και ήθελες να τρέχης επάνω εις το κατάστρωμα, εμπρός, οπίσω; Άχ, η καημένη η κυρά μου, πόσον ήτον ανήσυχη, άν δεν μας έβλεπε μίαν στιγμήν! Πώς ήρχετο κατόπιν μας φωνάζουσα. ≪ Το κορίτσι! πρόσεχε, Ανθούσα! Το κορίτσι, τα μάτια σου τέσσαρα ≫! Εφοβείτο μήπως πέσης εις την θάλασσαν, άν σε άφηνα μίαν στιγμήν από τας χειράς μου. Συ πάλιν έβλεπες τα κύματα, και ήθελες να σε βαστώ πάντοτε επάνω εις την κωπαστήν.   





 「船長のご親切は、私の可哀想なご主人様への親しみの思いからなのですね。だから、わたしは、勇気を奮って話しているのです。でも、どうやって! マリナ様、思い出しませんか? 旅の間中、わたしはあなたを抱きかかえていたんですよ。あなたは、甲板に上がって、前へ、後ろへ、走りたがってましたよ。ああ、可哀想なお嬢様。船長は、一瞬でも、わたしたちが見えなくなると、とっても不安でいらっしゃったのですよ。わたしたちを呼びながら後を付いていらっしゃいました、あのご様子ったら。「ほらあの子、気をつけて! アンスウサ! 目を四つにしてあの子を見てなさい!」と言われてました。一瞬でも手を離すと、お嬢さんが海に落ちるのではないかと心配だったのです。また、波を見て、お嬢様、舷縁の上を、何処へ行くのもわたしに負ぶって欲しいですか。」
posted by kyotakaba at 09:44| Comment(0) | Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月01日

第一部の13章「 Η ΩΤΑΚΟΥΣΤΡΙΑ 」3

 アレクサンドロス・パパディアマンティスの『 Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ 』の Μέρος Πρώτον Κεφάλαιον ΙΓ 、第一部の13「 Η ΩΤΑΚΟΥΣΤΡΙΑ 」を、少し   





 ― Ήτο πολύ μικρά, είπεν ο πλοίαρχος.  
 ― Τί παράξενον ταξίδιον! επανέλαβεν η Ανθούσα. Τί καλός καιρός! Εις όλον το πέλαγος μ' έπιανεν η θάλασσα ολονέν! Και τα κύματα παντού, παντού φουσκωμένα ήσαν. Αλλά πώς; Τώρα δεν κάμνει πλέον τρικυμίας πλοίαρχε;  
 ― Τί λέγεις, Ανθούσα; είπεν η Μαρίνα・ αιωνίως ανοησίας διηγείσαι.  
 ― Ησύχασε, κόρη μου, δεν είμαι δεισιδαίμων, είπεν ο πλοίαρχος γελών. Εξακολούθει, Ανθούσα, μοι αρέσκει να σε ακούω.       





 「とても幼かった。」と船長は言った。 
 アンスウサは思い出しながら言った。「なんて変わった旅だったでしょう! なんて良い時だったでしょう! 海がわたしを導いて行ったのは、もっともっと、海ばかりのところだったわ。どこも波。どこも水浸しだったわ。でも、どんなだったかしら? 船長、もう嵐はないのですか?」 
 「何を言うの? アンスウサ、意味のないことをいつまでも喋ってるの。」とマリナは言った。 
 「安心しなさい、お前。私は迷信を信じてはないのだからね。続けないさ、アンスウサ。私は、君の話しを聞くのが好きなのだから。」と船長は笑いながら言った。
posted by kyotakaba at 15:12| Comment(0) | Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

ΠΡΩΙΝΟ ΑΣΤΡΟ

 カザンザキスの旅行記、日本の部分を読み終えたので、次は、ヤニス・リッツオスの『 Πρωινό Άστρο 』を読もうかと。
posted by kyotakaba at 08:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

20 Απρίλη [ 1935 ]

 2006年刊の『 ΤΑΞΙΔΕΥΟΝΤΑΣ ΙΑΠΩΝΙΑ - ΚΙΝΑ 』には、カザンザキスのメモ書き ( 日記? ) 、手紙も併録されているので、それから、  





  Χτές έφαγα μ' ένα πρώην πρεσβευτή της Ιαπωνίας στην Αθήνα, σε γιαπωνέζικο ρεστοράν. Ήρθε πάλι η κοπέλα στο κατώφλι που μπαίναμε, προσκύνησε ακουμπώντας το μέτωπό της στις πλάκες, ανεβήκαμε τις καθαρότατες σκάλες, καθίσαμε διπλοπόδι στα μαξιλάρια. Κάθε πελάτης έχει δικαίωμα σε ιδιαίτερο δωμάτιο... Το δωμάτιο ολόγυμνο. Κάτω ψάθες, τρία μαξιλάρια και τρία μαγκάλια προύντζινα με αναμμένα κάρβουνα. Στον τοίχο ένα kakemono, καλάμια ζωγραφισμένα κι ένα βάζο με τρία λουλούδια. Τίποτα άλλο. Ήρθε η σερβιτόρισσα, με το μόβ κιμονό και την αλλόκοτη αρχιτεκτονική των μαλλιών, προσκύνησε πίστομα : το rite [ τυπικό, κάτι σαν ιεροτελεστία ] του φαγιού άρχιζε...  
  Το charme,που έχουν τα δείπνα, είναι ανέκφραστο. Κάτι το θρησκευτικό, το rituel [ τελετουργικό ], το αμίλητο. Η κοπέλα, που σερβίρει, grande-dame [ ( σαν ) μεγάλη, πρώτη κυρία ], κάθεται κουκουβιστή στη γωνιά και προσέχει. Μαντεύει κάθε κίνησή μας και τρέχει αθόρυβα και φέρνει σακέ, ή σπίρτα ή τσάι, ή πετσέτα, ό,τι σκεφτήκαμε...  
  Σας πήρα την πέρλα! Έξοχη... χάρηκα πολύ...  
  Αύριο πρωί φεύγω για το Τόκυο... Ποτέ πιά. Αποχαιρετώ σιγά-σαγά και το γιαπωνέζικο χώμα...  
  Δεν κοιμούμαι καλά και προχτές ξύπνησα τρομαγμένος μιά φωνή σα να 'κουσα να μου λέει : ≪ Κάθεσαι απάνω σε γρανίτη, μα δεν ξέρεις πώς όλα είναι αγέρας! ≫  
  Έχουμε εδώ σχεδόν κάθε μέρα κι ένα μικρό σεισμό. Λίγο πέρα από το Τόκυο τα βουνά είναι γεμάτα θερμές πηγές και καπνίζουν. Σίγουρα καθόμαστε απάνω σε ηφαίστειο ζωντανό ακόμα. Μα η φωνή, που άκουσα τη νύχτα, είχε βέβαια μεταφυσική έννοια, σύμφωνη με όλη μου τη vision για τη ζωή...   




  Στις 26 Απριλίου 1935 ο Νίκος Καζαντζάκης εγκαταλείπει το ≪ ζωντανό ηφαίστειο ≫ της Ιαπωνίας, ένα γρανίτη που είναι αγέρας, όπως άκουσε στο όνειρό του. Στα γράμματά του κάνει αποτίμηση του ταξιδιού που έκλεισε και μιλά για το νέο ταξίδι που αρχίζει στην Κίνα:    





四月20日 ( 1935年 ) 
 昨日、僕は、日本食のレストランで、元在アテネ日本大使と食事をしました。ここでもやはり、僕たちが入る入口に、女の子が遣って来て、敷石に額を付けてお辞儀をしました。僕たちは、磨き上げられた階段を上がりました。そして、足を折ってクッションに座りました。客はそれぞれ、当然として個室に入るのです。何もない部屋です。床は蓙です。クッションが三つ、熾った炭の入っているブロンズの火鉢が三つ。壁には、カケモノが一つ。葦が描いてありました。それから、三輪の花が入った花瓶。他には何もありません。女性給仕が入って来ました。モウブ色のキモノを着て、髪を奇天烈に建て上げています。突っ伏してお辞儀をしました。食事のリテ( それは典型的な、何か神聖な感じのものです )が始まります、…。 
 その晩餐が持っているシャーマは、言葉では言い表せません。何か宗教的で、リトエラ( 典礼 )の様で、寡黙なのです。少女が給仕します。ゴン・ダム ( 年上の、主席夫人の様な、 ) が隅に足を折って座り、注視しています。彼女は、僕たちの動きをどれも予知して、音を立てずに素早く移動して、サケやアルコール類、それとか、チャイ、ナプキンなど、僕たちが頭の中で思うもの何でもを持ってくるのです。 
 君にと真珠を手に入れましたよ! 格別です…、僕はとても嬉しいです、… 
 明日の朝、トキオに向かいます。…、もう何もありません。僕は、日本の土地に、ゆっくりと、ゆっくりと別れを告げます。 
 よく眠れません。一昨日は、声がして、恐くて目が覚めました。「お前は御影石の上に座っている。だが、お前は、それがすべて空気であることを分かっていない!」と僕に言っているように聞こえたのです。 
 ここでは、ほとんど毎日、小さな地震があります。トキオから直ぐのところに山があるのですが、熱い泉がいっぱいで、煙りを上げているのです。確かに、僕たちは、まだ生きている火山の上に座っているのです。でも、僕が夜に聞いた声ですが、あれは、形而上学的な意味がありました。生命についての僕のヴィジョンに完全に一致するのです…。  

「 1935年四月26日、ニコス・カザンザキスは、作品『 ζωντανό ηφαίστειο ( της Ιαπωνίας ) 』に、夢で聞いた通りの、風である御影石を書き残しています。手紙では、終わった旅の評価をしています。また、始まろうとしている中国での旅のことを語っているのです。」 
[ この作品は、「 Le jardin des rochers 」なのだろうか? ]   



カザンザキスの日記、手紙、日本に関する部分は、終わり。
posted by kyotakaba at 09:58| Comment(0) | ΤΑΞΙΔΕΥΟΝΤΑΣ ΙΑΠΩΝΙΑ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

第一部の13章「 Η ΩΤΑΚΟΥΣΤΡΙΑ 」2

 アレクサンドロス・パパディアマンティスの『 Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ 』の Μέρος Πρώτον Κεφάλαιον ΙΓ 、第一部の13「 Η ΩΤΑΚΟΥΣΤΡΙΑ 」を、少し 





  Κατ' αρχάς οι τρείς δαιτυμόνες ήσαν σιωπηλοί, αλλά κατ' ολίγον η Ανθούσα έχουσα καλήν διάθεσιν εκείνην την εσπέραν ηθέλησε να ενθυμηθή πολλάκις ιστορίας και να τας διηγηθή μάλιστα.  
 ― Ενθυμείσαι, πλοίαρχε, το ταξιδιόν μας, όταν μας έφερες εις την Μασσαλίαν; Ώς πόσα χρόνια να είναι;  
 ― Δεκατέσσαρα.  
 ― Ενθυμείσαι συ, Μαρίνα;  
 ― Μόλις, ως όνειρον.  






 最初の頃、相席の三人は、黙していた。けれども、その宵、アンスウサは、直ぐに、よい気分になっていた。彼女は、様々な話しを何度でも思い出したがっていたし、それを直ぐに話そうとしていたからだ。 
 「船長、あなたは、覚えていらっしゃいますか? わたしたちをマルセーユに連れて来て下さったときのことです。何年経ったでしょう?」 
 「十四年だ。」 
 「覚えています? マリナお嬢様、」 
 「夢の中の様に覚えているだけ。」
posted by kyotakaba at 07:58| Comment(0) | Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

17 Απρίλη [ 1935 ]

 2006年刊の『 ΤΑΞΙΔΕΥΟΝΤΑΣ ΙΑΠΩΝΙΑ - ΚΙΝΑ 』には、カザンザキスのメモ書き ( 日記? ) 、手紙も併録されているので、それから、  





  Βρέχει, βρέχει, κρύο. Χτές ολημέρα είμουν στο Νικκό, μιά παλιά πολιτεία τρείς ώρες μακριά από το Τόκυο. Έξοχα βουνά, τεράστια δέντρα cryptomeria, είδος κυπαρισσόπευκα, εξαίσιοι παλιοί ναοί, αγάλματα, ζωγραφιές, allées [ σειρές ], από πέτρινα φανάρια...  
  Τώρα είμαι στο δωμάτιό μου, μακρουλό, στενό, μπροστά μου ένα ωραίο προύντζινο μαγκάλι και στον τοίχο η ζωγραφιά kakemono του Βούδα που αγόρασα... Προχτές μ' ένα φίλο πήγαμε τη νύχτα σ' ένα σπίτι geishas [ γκέισας ]. Αδύνατο να Σας περιγράψω την αγνότητα και τη χαρά της ατμόσφαιρας. Ένα σπίτι ξύλινο όπως όλα. Στην είσοδο δυό τεράστια χάρτινα φανάρια. Μόλις χτυπήσαμε, η πόρτα άνοιξε κι ένας σωρός κοπέλες πετάχτηκαν να μας υποδεχτούν. Σα να 'μαστε παλιοί αγαπημένοι γνώριμοι. Μας έκαμαν υπόκιλισες, ακουμπώντας το μέτωπο στη γής, μας έβγαλαν τα παπούτσια και μας οδήγησαν στο σαλόνι. Ψάθες, το ξύλο μύριζε, κανένα έπιπλο παρά ένα χαμηλό τραπεζάκι, δυό προύντιζινα μαγκάλια, μαξιλάρια. Στον τοίχο ένα kakemono με θρησκευτικό περιεχόμενο : Ο Βούδας που συναντά μιά γυναίκα και κουβεντιάζουν μέσα σε άνθη. Καθίσαμε διπλοπόδι, οι geishas γύρα. Εγώ με τα λίγα γιαπωνέζικα μου μιλούσα κι όλες γελούσαν. Μας έφεραν φιστίκια και γλυκά, σακέ [ γιαπωνέζικο ποτό, σαν ρακή, που πίνεται ζεστό ] ζεστή... Πίναμε. Μιά πήρε το σαμισέν κι άρχισε να παίζει, διπλογόνατη. Μιά μικρούλα σηκώθηκε και χόρεψε. Χάρη, γαλήνη, σεμνότητα, ντυμένες τα πολύχρωμα κιμονό, τα μάτια τους χαρούμενα κι αθώα, όσο ποτέ δεν είδα σε καμιά ευρωπαϊκή οικογένεια. Ο φίλος μου ήξερε περίφημα γιαπωνέζικα, χωράτευε μαζί τους, όλες γελούσαν σαν παιδιά εφτά χρονών. Ποτέ, ποτέ δεν ένιωσα τόση αθωότητα και τη γλύκα της γυναίκας... Εγώ, ήσυχα καθούμενος, τις κοίταζα με τα χέρια σταυρωμένα, σα Βούδας. Δεν άπλωσα το χέρι να τις αγγίξω, τόσο φοβούμουν μην εξαφανιστεί η γοητευτική vision.  
  Φύγαμε αργά, έσκυψαν στη γής και μας προσκύνησαν, μας έβαλαν τα παπούτσια, μας προσκύνησαν πάλι χαρούμενες, τιτυβίζοντας σαν πουλιά :  
  Αριγκάτο κοζάιμας! Αριγκάτο κοζάιμας! ( εύχαριστούμε πολύ! εύχαριστούμε πολύ! )      





四月17日 ( 1935年 )   
 雨、雨、寒いです。昨日、僕は、一日中、ニコーに居ました。トキオから遠くて三時間掛かる古い街です。すばらしい山並み。たくさんの巨木、クリプトメリア cryptomeria です、松杉の仲間です[ 杉は日本の固有種。 ]。古い素晴らしい神殿。彫像。絵画。石の灯籠のアリー( 並列 )。等々。 
 僕は、今、自分の部屋に居ます。細長く狭い部屋です。僕の前には、きれいなブロンズの火鉢があります。壁には、僕が買ったブウダの絵があります、カケモノです。…。一昨日、僕は、ある友人一人と一緒に、夜、ゲイシャ( 芸者 ) の家に行ったのです。その雰囲気の純真さと気品を君に描写してみせるのは、僕には難しいです。全部が木の家です。入口に、巨大な紙のランプ。僕たちが叩くと直ぐに、戸は開いて、一団の女の子たちが駆けり出て来て、僕たちを迎え入れたのです。まるで、僕たちが元からよく知っている懇意の人物であるかの様にするのです。彼女たちは、額を地面に付けて、僕たちにお辞儀をするのです。僕たちの靴を脱がせます、そして、サロンに案内したのです。蓆です。木が薫ります。低い食卓が一つと、ブロンズの火鉢が二つ、クッションが二つ、その他には何の調度品もないのです。壁には、宗教的な内容のカケモノ。一人の女性と出逢って、花叢で語り合っている、ブウダです。僕たちは、足を折って、座りました。ゲイシャたちが取り巻きます。僕は、僕の知っているほんのちょっとの日本語で喋ったんです。すると、皆が笑いました。僕たちには、ピスタチオとお菓子、それに、熱いサケが出されました。[ ラキの様な日本のアルコール飲料です。それが、熱いのを飲むのです。 ] 僕たちは飲んでみました。ゲイシャの一人が、足を折って座ったまま、サミセーンを取り上げて、弾き始めたのです。小さな女の子が立ち上がって踊りました。可愛らしくて、物静かで、色とりどりのキモノを着ています。彼女たちの瞳は、朗らかで純真です。ヨーロッパのどんな家庭でも、こんな瞳を見たことは、僕はありません。僕の友人は、日本語をよく知っていたのです。女の子たちと一緒に冗談を言っていました。皆が、まるで七歳の子供の様に、笑っていました。僕は、女性のこの様な無邪気さと愛らしさを認めたことは、一度も、一度もありません。僕は、ブウダの様に手を重ね合わせて、静かに座って、彼女たちを見ていました。手を伸ばして彼女たちに触ることはしませんでした。この魅力的なビジオンが消えないかとひどく心配だったのです。 
 僕たちは遅くに退席しました。女の子たちは地面に身を屈め、僕たちにお辞儀をしたのです。それから、僕たちに靴を履かせ、また、うれしそうに深くお辞儀をしました。そして、鳥の様にさえずったのです。 
 「アリガート、コザーイマス。アリガート、コザーイマス!」( 大変にありがとうございます、の意味です。 )
posted by kyotakaba at 07:52| Comment(0) | ΤΑΞΙΔΕΥΟΝΤΑΣ ΙΑΠΩΝΙΑ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月10日

第一部の13章「 Η ΩΤΑΚΟΥΣΤΡΙΑ 」1

 アレクサンドロス・パパディアマンティスの『 Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ 』の Μέρος Πρώτον Κεφάλαιον ΙΓ 、第一部の13「 Η ΩΤΑΚΟΥΣΤΡΙΑ 」を、少し 





  Την αυτήν εσπέραν ο πλοίαρχος Βίλλιος εδείπνει μετά της Μαρίνης και της Ανθούσης εν τω θαλάμω της φιλοξενίας.  
  Ο καλός πλοίαρχος διένεμε τον χρόνον αυτού μεταξύ του πληρώματος και της προστατευμένης του, και είχε μεταβάλει χάριν αυτής την δημοκρατικήν και κοινοβιακήν εθιμοταξίαν του ελληνικού ναυτικού. Και προεγευμάτιζε μεν συνήθως μετά των ναυτών αυτού, εδείπνει δε μετά της ορφανής.   





 その夜、ビリオス船長は、マリナとアンスウサの後に、応接室で夕食を摂った。 
 善良な船長は、自分の時間も、船員たちや彼が保護している者たちの間で過ごした。民主的な考えによって、ギリシャの船乗りの修道僧的な儀礼からは、すでに変わっていたのだ。それで、いつでも、船員たちの後に朝食を摂り、マリナの後に夕食を摂っていた。 
posted by kyotakaba at 08:04| Comment(0) | Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

訂正

 『 Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ 』の12章のタイトルを、間違えていました。「 Η ΚΑΚΙΑ 」 なのですが、その前の11章の「 ΤΑ ΑΠΟΜΝΗΜΟΝΕΥΜΑΤΑ ΤΗΣ ΠΑΝΩΛΟΥΣ 」のままにしていました。 


 それから、投稿時にまた混信して、第一部の13章「 Η ΩΤΑΚΟΥΣΤΡΙΑ 」1 が、aimotoikiyotakaba-βに行ってしまいました。
posted by kyotakaba at 07:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

15 Απρίλη [ 1935 ]

 2006年刊の『 ΤΑΞΙΔΕΥΟΝΤΑΣ ΙΑΠΩΝΙΑ - ΚΙΝΑ 』には、カザンザキスのメモ書き ( 日記? ) 、手紙も併録されているので、それから、  





Ατζούμα χα για!   
  Έλαβα τις εφημερίδες και τη φοβερή είδηση στο φάκελο πώς ο Παναΐτ πέθανε. Περιμένω ανυπόμονα νέο γράμμα Σας να μάθω λεπτομέρειες. Φρίκη είναι η ζωή και δεν το νιώθουμε και τη χάνουμε σε μικρολογίες κι αθλιότητες και μονάχα όταν πεθάνει ένας άνθρωπος, που αγαπούμε, νιώθουμε πώς περπατούμε στα χείλια του γκρεμού. Ανυπομονώ να γυρίσω κοντά Σας και να περπατούμε χέρι-χέρι. Είναι η μόνη παρηγοριά...  
  Στην Κίνα πόλεμοι πάλι, μα ελπίζω να προφτάσω να δώ το Πεκίνο και να φύγω από τη Σαγγάη στις 6 του Μάη...   





四月15日 ( 1935 ) 
アズーマ ハ ヤ! 
 僕は新聞を何部か受け取りました。その一つの欄に、パナイトが亡くなったと言う驚愕の報知がありました。君の新しい手紙を心待ちにしています。僕は詳細を知りたいですから。人生は危険に満ちています。けれども、僕たちは、そう感じていないのです。日々の瑣事や悲惨な境遇で、人生を見失っているのです。僕たちが愛している人が死んだ時にだけ、僕たちは崖の縁を歩いているのだ、と言うことを思い知るのです。君の側に帰りたくてなりません。そして、君と手と手を取って歩くのです。それが、ただ一つの悔やみです。…  
 中国では、また、戦闘が起こっています。ああ、ペキノを見る時間があればいいのですが。それから、僕は、五月6日には、サガイから帰途に着きたいと思っています。…  



Παναΐτ : ルーマニアの作家。 Panait Istrati - Wikipedia, the free encyclopedia  


posted by kyotakaba at 08:10| Comment(0) | ΤΑΞΙΔΕΥΟΝΤΑΣ ΙΑΠΩΝΙΑ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月03日

第一部の12章「 Η ΚΑΚΙΑ 」23

 アレクサンドロス・パパディアマンティスの『 Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ 』の Μέρος Πρώτον Κεφάλαιον ΙΒ 、第一部の12「 Η ΚΑΚΙΑ 」を、少し 




  Μόνος ο Ζέννος ενόει ορθώς τον χαρακτηρά της, ώς ενόμιζεν. Η κόρη αυτη ήτο κατ' αυτόν άγγελος πραότητος και υπομονής, αγία των πρώτων του χριστιανισμού αιώνων, παράδειγμα αγάπης και ταπεινώσεως, ενθουσιασμού και απαθείας. Αλλ' ο Ζέννος έτρεφε βεβαίως βαθείαν συμπάθειαν πρός αυτήν, και δεν ήτο αξιόπιστος όλως μάρτυς.  
  Κτά βάθος δε η Μαρίνα ήτο αγαθή και ευσεβής ψυχή, υπερήφανος και αναξιοπαθούσα, τραχεία ενίοτε, συμπαθητική τρός[ πρός ] τους αγαπώντας και αφόρητος πρός τους μισούντας αυτήν.  
  Αλλά διατί τοιαύται αντιθέσεις εν τώ χαρακτήρι νεαράς κόρης;  





 ゼノスだけが、考え深いと言う、マリナの性格をそのまま理解していた。ゼノスにとって、マリナは、穏やかさと忍耐強さを体現している天使であり、愛と敬虔と熱心な信仰と平静さの鑑である、ハリスト教初期の聖女なのだ。ゼノスが、彼女に対して深い共感を抱いていることは確かであったけれど、信頼に足る目撃者ではなかったのである。  
 一方、マリナは、心の奥底では、純真だった。それに、信心深い心根だった。自負心と過度の不安があった。粗暴に振る舞うことは殆どなかった。愛している人たちに共感し、彼女を憎む人たちには耐えられないのだった。 
 しかしながら、若い娘の性格に、どうしてこの様な相反するものがあるのだろうか?  





第一部の12「 Η ΚΑΚΙΑ 」、おわり。
posted by kyotakaba at 08:29| Comment(0) | Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月02日

10 Απρίλη 1935, βράδυ

 2006年刊の『 ΤΑΞΙΔΕΥΟΝΤΑΣ ΙΑΠΩΝΙΑ - ΚΙΝΑ 』には、カザンザキスのメモ書き ( 日記? ) 、手紙も併録されているので、それから、  





  ... Ακόμα δε μπόρεσα να ταχτοποιήσω μέσα μου τα νέα πλούτη. Τώρα βλέπω, ακούω, περπατώ, κουράζουμαι : Μεγάλη χαρά μου δίνει η άνοιξη, η ζωή του δρόμου, η ζωγραφική, μερικοί ναοί, τα φανάρια τα χάρτινα... Άλλος κόσμος πιό σιωπηλός, πιό stylisé [ τυποποιημένος ] από μας. Το θέατρο, το τραγούδι, οι χοροί, οι γυναίκες ― σα να τα βλέπεις μακριά, πολύ μακριά, σε άλλο πλανήτη. Charme κι αδιαφορία, μιά περίεργη θλίψη, μιά μονοτονία trés intéressante [ πολύ ενδιαφέρουσα ]. Η αγάπη του bibelot, που μου είναι τόσο ξένη, εδώ με choque [ ενοχλεί ] κάθε στιγμή. Δέντρα νάνους όταν βλέπω, η καρδιά μου πιάνεται : δρύς σε γλάστρα, ανθισμένες κερασιές σαν τους βασιλικούς μικρές, έλατα δέκα πόντους...  





1935年四月10日、夕   
 …。まだ、僕は、これらの新しい富を自分の中に整理出来ないでいます。そうなんです、見て、聴いて、歩き回って、疲れているのです。春は、僕に大きな喜びを齎してくれるのです。往来の様子、絵画、いくつかの寺院、紙のランプ、等々。とても無口な異世界です。僕たちの世界とは違って、とてもスティリゼ( 規格化された )な世界なのです。演劇、歌、踊り、女性。それらは、君が距離を感じる様なものなのです、それもとても長い距離です、他の惑星にあるかの様に距離を感じるものなのです。シャーマと無頓着、奇妙な悲哀。トリ・アンテリゾント trés intéressante ( とても興味深い )。ビブル bibelot への愛好。それは、僕にはまるで分かりません。ここに居ると、瞬間瞬間、ショッキ choque です( 僕を立ち止まらせます )。矮小化された樹を見た時、僕は心を奪われました。鉢に植えられた樫。満開の小さな桜、桜は王室の花なのです。十センチの樅。そんな樹を見たのです。  
posted by kyotakaba at 09:16| Comment(0) | ΤΑΞΙΔΕΥΟΝΤΑΣ ΙΑΠΩΝΙΑ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月31日

[ Τόκυο ] 9 Απρίλη [1935 ]

 2006年刊の『 ΤΑΞΙΔΕΥΟΝΤΑΣ ΙΑΠΩΝΙΑ - ΚΙΝΑ 』には、カザンザキスのメモ書き ( 日記? ) 、手紙も併録されているので、それから、  





  Πήγα στην Καμακούρα σήμερα. Ψιχάλιζε αριά, όλες οι κερασιές ανθισμένες, allées [ δενδροστοιχίες ] τεράστιες όλο ανθό και κάτω οι γυναίκες με ανοιχτές πολύχρωμες ομπρέλες από αδιάβροχο χαρτί κυκλοφορούν αμίλητες. Γλύκα, σιωπή, ανέκφραστη τρυφερότητα. Με δυσκολία κρατούσα τα κλάματα, γιατί λαχταρούσα την ώρα τούτη να 'στε μαζί μου. Πήγαινα σιγά-σιγά, σα να θέλα να ρυθμίσω το βήμα μου με το δικό Σας. Θλίψη αβάσταχτη είναι να βλέπεις εξαίσια θεάματα και να μην είναι δίπλα σου ο άνθρωπος που αγαπάς...  





四月9日 [ トキオ ][ 1935年 ]  
 今日、カマクウラに行きました。細雨が降っていました。桜はどれも満開、長いアリー( 並木道 )は何処も花、その下を防水紙で出来た多彩な色の傘をさした女性たちがものも言わず行き交っていました。寛恕。沈黙。言い表せない愛情。困難さを感じながら、泣き出すのを堪えています。君と一緒にいる時を僕は切望しているからです。僕は、一歩一歩、歩きます。まるで、君の歩く速度に合わせようとしているかの様です。僕が堪え難く悲しいのは、君が素晴らしい光景を見ていること、君の側に君が愛している者がいないと言うことなのです、…。 
posted by kyotakaba at 09:18| Comment(0) | ΤΑΞΙΔΕΥΟΝΤΑΣ ΙΑΠΩΝΙΑ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

訂正

 29日に投稿した、Τόκυο, 8 Απρίλη 1935 の文章、手紙だと思われるので、訳分を変えます。
posted by kyotakaba at 09:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

Τόκυο, 8 Απρίλη 1935

 2006年刊の『 ΤΑΞΙΔΕΥΟΝΤΑΣ ΙΑΠΩΝΙΑ - ΚΙΝΑ 』には、カザンザキスのメモ書き ( 日記? ) 、手紙も併録されているので、それから、  






Τόκυο, 8 Απρίλη 1935
  ... Βλέπω πολύ θέατρο, Kabouki, βλέπω πολλούς χορούς, ακούω πολλή μουσική, βλέπω θείες ζωγραφιές. Και πήρα ένα έξοχο παλαιό βιβλίο όλο ζωγραφιές γιαπωνέζικες...





トキオ 1935年四月8日  
 …、たくさんの演劇を見ました、カブウキです、たくさんの踊りも見ました、たくさんの音楽も聴きました、素晴らしい絵画も幾つも見ました。それから、一冊の古い極めて素晴らしい本を手にしました。全部が日本画の画集です。 

posted by kyotakaba at 08:29| Comment(0) | ΤΑΞΙΔΕΥΟΝΤΑΣ ΙΑΠΩΝΙΑ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

第一部の12章「 Η ΚΑΚΙΑ 」22

 アレクサンドロス・パパディアマンティスの『 Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ 』の Μέρος Πρώτον Κεφάλαιον ΙΒ 、第一部の12「 Η ΚΑΚΙΑ 」を、少し   





 ― Ένεκα της πρός σε φιλίας μου μόνον. Αλλά θα ωφεληθώ από το μάθημα το οποίον με δίδεις.  
  Βεβαίως ≪ παράξενη νέα ≫ ήτο η Μαρίνα, και η Κάκια είχε δίκαιον κατά τούτο. Ενόμιζεν ανανδρίαν το να κλαίη ενώπιον του κόσμου και επεθύμει να έχη απόρρητον το πένθος της.  
  Εξ όλων των προσώπων του ημετέρου διηγήματος, πλήν της τροφού της, μόνος ο πλοίαρχος την είχεν ιδεί κατά τύχην κλαίουσαν. Και αυτή δε η μέλαινα εσθής, ήν κατά το έθιμον εφόρει, τη ήτο οχληρά, και προηρείτο να κρύπτηται επί μακράς ώρας εν τω θαλάμω, ίνα μη είναι ορατόν το πένθος της. Πρός πάντας δε τους συμπλωτήρας αυτής εφέρετο σεμνώς και σχεδόν αγροίκως.  
  Παράξενη νέα. Αλλ' οποία υπεράνθρωπος γενναιότης απητείτο δια μίαν κόρην ίνα, μετά το ποτήριον όπερ είχε πίει, δυνηθή ν' αντιμετωπίση τοσαύτην ύπουλον θρασύτητα!    





 「わたしは、ただ、友情で言っているのよ。それも、あなたが教えてくれたお勉強で得たことに決まってるわ。」 
 確かに、マリナは、「変わった娘」だった。その点では、カキアは正しかった。人々の前で泣くことは、気弱なことだと、マリナは考えていた。そして、悲しみを秘匿したいと切に願っていた。 
 この私たちの物語りのすべての登場人物の中では、マリナの乳母を除いて、船長だけが、偶然に、マリナが泣いている所を見たのだった。一方、マリアは、黒服を着ていた。それは、伝統に従ってなのかも知れなかった。厄介なことに、長い間、部屋に隠れていようとしていたのだ。それは、自分の悲しみを人目に晒さない為だった。一緒に乗船している誰に対しても、控え見に振る舞ったのだが、それはほとんど無作法な程だった。 
 「変わった娘」。けれども、一人の少女に求められていたのは、超人的な勇気だったのだ。一杯を飲み干した後には、こうした卑劣な厚かましさに立ち向かうことが出来るようになったのだった。
posted by kyotakaba at 07:58| Comment(0) | Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

Τόκυο, 2, 4, 1935

 2006年刊の『 ΤΑΞΙΔΕΥΟΝΤΑΣ ΙΑΠΩΝΙΑ - ΚΙΝΑ 』には、カザンザキスのメモ書き ( 日記? ) 、手紙も併録されているので、それから、    





Αγαπημένη μου,  
  Φαντάζεστε την αγωνία μου, όταν πήγα στο ξενοδοχείο Imperial και ζήτησα τα γράμματά Σας και μου είπαν πώς δεν είχα τίποτα. Τίποτα! Δε μου γράψατε; Γιατί; Ή μήπως χάθηκαν τα γράμματά Σας; Τα γόνατά μου λύγισαν. Μιά μονάχα λύση ― πώς μου γράψατε και χάθηκαν τα γράμματα. Είχα μονάχα ένα γράμμα της αδερφής μου. Μιά μονάχα λέξη Σας μπορούσε να με παρηγορήσει.  
  Έτσι, όταν βγήκα έξω από το ξενοδοχείο, το Τόκυο μου φάνηκε θαμπό, σκοτεινό, χωρίς χαρά και χαραχτήρα. Γύριζα ολημέρα απελπισμένος και, να μπορούσα, θα 'φευγα ευτύς για την Ελλάδα...  
  Το Τόκυο έχει 5εκατομμύρια, είναι αμερικάνικη, κρύα [ πολιτεία ], πλατιοί δρόμοι, ψηλά σπίτια, κανένα cachet.  
  Βιάζουμαι και Σας στέλνω το γράμμα τούτο. Άραγε έχετε λάβει όσα γράμματα Σας έστειλα; Νομίζω ως τώρα 7. Απ' όπου μπορούσα έστελνα.
  Αγαπημένη μου, μεγάλη θλίψη ένιωσα σήμερα και δε μπορώ να γράψω. Θα πηγαίνω κάθε μέρα στο Imperial με την ελπίδα να βρώ γράμμα Σας. Ο Θεός να 'ναι μαζί Σας. Αγαπημένη, πάντα. Να ξέρετε, κανένα στον κόσμο δεν αγαπώ παρά Σας. Και μη με αφήνετε έτσι ολομόναχο, στην άκρα του κόσμου.  
Σας φιλώ στους ώμους, πολύ.

Ν.



  Στο βιβλίο της η Ελένη παραθέτει και ένα απίστευτο περιστατικό φθόνου και κακότητας ( σελ. 380-381 ): ≪ Την ώρα που ο Νίκος Καζανζάκης έφευγε για την Άπω Ανατολή, ένας άλλος Έλληνας ανταποκριτής άλλης εφημερίδας, έφευγε και εκείνας με τον ίδιο σκοπό. Κι επειδή φοβήθηκε πώς ο Καζαντζάκης θα τον επισκιάσει, τον κατηγόρησε στις γιαπωνέζικες αρχές πώς τάχα είταν επικίντους τρομοκράτης κι ερχόταν στην Ιαπωνία να σκοτώσει τον Μικάδο!!  
≫ Ο Γιαπωνέζος φίλος, που μας αναφέρει ο Νίκος στα γράμματά του, δεν είναι παρά ένας μυστικός αστυνομικός, επιφορτισμένος να τον κατασκοπεύει. Κι έτσι η Μοίρα, μεταμφιεσμένη τούτη τη φορά σε Γιαπωνέζο μυστικό αστυνομικό, έπιασε τον Νίκο από το χέρι ― θυμηθείτε την αγωνία του όταν έφτασε στο Κομπέ, σε ξένη χώρα, δίχως να ξέρει λέξη από τη ντοπιολαλιά ― για να τον γλυτώσει από περιττούς κόπους κι έξοδα και να τον χώσει κατευθεία στην καρδιά του Χρυσανθέμου.  
≫ ― Στην αρχή, μου διηγόταν ο Νίκος, ήταν φοβερά ενοχλητικό. Ότι μ' έπαιρνε ο ύπνος, με ξυπνούσαν, μου μιλούσαν ρούσικα, βάζοντας χίλιες ερωτήσεις, με σκοπό να με " πιάσουν "... Σιγά-σιγά οι αστυνομικοί ηρέμησαν. Μπόρεσα τότε να κοιμηθώ ήσυχα κι ο άγγελός μου χωροφύλακας μεταμορφώθηκε σε ‘‘φύλακα άγγελο ’’ . Τέλειος συνταξιδιώτης, ήξερε όλες τις κρυφές ομορφιές της χώρας του, που την αγαπούσε πάνω απ' όλα, και μου 'δειξε ό.τι ένας κοινός τουρίστας δε βλέπει σχεδόν ποτέ. ≫  
Και συνεχίζει η Ελένη την παράθεση και άλλων γραμμάτων :





トキオ 1935年4月2日   
愛する君へ 
 僕はホテル・インペリアルに行って、君の手紙がないか尋ねたのだけれど、何もないと言われました、その時の、私の苦しみを思って下さい。何もないのですよ! 君は僕に手紙を書いてくれないのですか? どうして? あるいは、もしかして、君の手紙は紛失されてしまったのだろうか? がっかりしています。答えは一つだけ。君は手紙を書いた、そして、その手紙は無くなった、と言うこと。妹からの手紙が一通あるだけです。君の一言が、私を慰めることが出来るのです。 
 だから、ホテルから外に出ても、トキオは、僕には、楽しみも何の特徴もない、くすんだ陰気な都市に思えるのです。一日中、希望を失って歩き回りました。ああ、直にギリシャに帰れたらなあ…、
 トキオは五百万の人口を有している、アメリカ的で、寒い[ 都市 ]です。広い道路に、高い建物。何のカシェもありません。 
 取り急ぎ、この手紙を君に送ります。私が送った手紙を君は受けてっているのでしょうか? 今日までで、7通だと思います。出来る所からは、何処からでも、送ったのです。 
 愛する君、僕は、今日、酷い悲しみを感じたのです。それだから、書くことが出来ないのです。僕は、毎日、ホテル・インペリアルに行くつもりです。君の手紙を受け取ると言う希望を持って行くのです。神が君と共に御座します様に。ずっと愛しています。 
 僕が君よりも愛している人なんか、いないと言うことを分かって下さい。だから、僕をこんな風に世界の涯で一人っきりにしないで下さい。 
                      君の両肩にいっぱいのキスを   
                                    N.    

 当時の妻エレニーは、自著の中で、信じられない様な嫉妬と悪意による事件を述べています。( 380頁から381頁 )。「ニコス・カザンザキスが極東に旅立った時、カザンザキスのとは別の新聞社のギリシャ人特派員が、同じ目的地へ旅立ちました。その特派員は、カザンザキスが自分を見劣りさせてしまうだろうと恐れていたので、日本の当局へ彼を訴えたのです。カザンザキスは危険なテロリストかも知れない、ミカドを殺す為に日本へ来たのだ、と言うのです!」 
 「ニコスが手紙で教えてくれた日本人の友人と言うのは、秘密警察官以外の何ものでもなかったのです。彼を密かに見張る任務を帯びていたのです。そうして、運命の女神モイラは、この時、日本の秘密警察官に扮して、ニコスの手を掴んだのです。読者の皆さん、ニコスがコベに着いた時の彼の不安を思い出して下さい。地元の言葉も知らない見も知らない土地なのです。女神は、ニコスが余計な苦労と出費をしないでいいように、キクの中心を真っ直ぐ刺す様に、手を添えたのです。」 
 「ニコスは、私に次のように話しました。最初は、酷く煩わしかった言うことです。眠気が来ると、彼らはニコスを起こして、ロシア語で話し掛けて、無数の質問をしたのだそう。彼らは、ニコスを「捕まえる」為にそうしたのだ、と言うのです。警察官は、次第次第に、穏やかになっていったそうです。それから、静かに眠ることが出来たのだと。地元警察の姿を借りた天使は、ニコスの「守護天使」になったのだそうです。そして、彼は完璧な道連れになったそうなのです。彼は、自分の国の人には知られていない美しいもののすべてを知っているのです。彼はそれを何よりも大切に思っていて、ニコスに一般の旅行者はほとんど見ることがないものを教えてくれたのだそうです。」   
 この後、エレニーは、他の手紙からの引用を続けています。   


posted by kyotakaba at 08:06| Comment(0) | ΤΑΞΙΔΕΥΟΝΤΑΣ ΙΑΠΩΝΙΑ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

第一部の12章「 Η ΚΑΚΙΑ 」21

 アレクサンドロス・パパディアマンティスの『 Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ 』の Μέρος Πρώτον Κεφάλαιον ΙΒ 、第一部の12「 Η ΚΑΚΙΑ 」を、少し   





 ― Άφησε τα τώρα αυτά, είπε ζωηρώς. Δεν ήξευρα ότι ήθελον σε λυπήσει, Μαρίνα. Αλλά δεν εννοώ τί είδους παράξενη νέα είσαι. Σοί ομιλούν χαροποιά, δεν απαντάς・ σοί ομιλούν αδιάφορα, βαρύνεσαι ν' ακούης・ σοί ομιλούν λυπηρά, θυμώνεις・ λοιπόν είναι ανάγκη να μή σ' ενοχλήσω.  
 ― Δεν ηθέλησα να σε προσβάλω, Κάκια. Δύνασαι να μ' ομολής, και με υποχρεώνεις μάλιστα. Αλλά πολλάκις λέγεις πράγματα οπού δεν εννοώ διατί τα λέγεις.   





 カキアは快活に言った。「それは、今は、放っておいてよね。マリナ、わたしはあなたを悲しませたいとは思ってないのよ。でも、あなたが変わった女の子だとは、わたし、思ってないの。みんながあなたに嬉しそうに話し掛けると、あなたは答えないの。みんながあなたに何気なく話し掛けると、あなたは聞くのが耐えられないのね。みんながあなたに悲し気に話し掛けると、あなたは怒るのね。だから、あたしはあなたの気に障らないようにしなくてわね。」 
 「カキア、わたしはあなたに嫌な思いはさせたくないわ。あなたはわたしに話し掛けられるわ、それに、わたしに話させる様にも出来るわ、そうでしょ。でも、何の為にそう言うのか、私には分からない様なことを、あなたは言うことがよくあるのね。」
posted by kyotakaba at 08:08| Comment(0) | Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

第一部の12章「 Η ΚΑΚΙΑ 」20

 アレクサンドロス・パパディアマンティスの『 Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ 』の Μέρος Πρώτον Κεφάλαιον ΙΒ 、第一部の12「 Η ΚΑΚΙΑ 」を、少し 





 ― Και όταν συλλογίζωμαι ότι έχασες τοιούτους γονείς, τους οποίους ποτέ δεν θα λησμονήσης, και έμεινες μόνη εις τον κόσμον τούτον, μοι έρχονται τα δάκρυα. Σε βεβαιώ, Μαρίνα, ότι, και συγγενής μου άν ήσο, δεν θα σ' επονούσα τόσον. Έχεις δίκαιον να κλαίης και να μή παρηγορήσαι. Αλλά τί λέγω; Θα σε κάμω να κλαύσης χωρίς να θέλω.  
  Η Μαρίνα κατέβαλεν ηρωικόν αγώνα και κατώρθωσε να κρατήση τα δάκρυα.    





 「わたしはね、あなたが両親を失って、その両親をちっとも忘れないだろうって思うと、それに、わたしたち、この世界にひとりぼっちだと思うと、涙が湧いて来るのよ。マリナ、これははっきり言っておくわね、あなたがわたしの親類なら、そんなにあなたに同情はしないわ。あなたが泣くのも、慰めてもらえるのも、当然だわ。でも、それが何なの? わたしがそうしたくなくても、あなたを泣かせるかもよ。」 
 マリナは、凛として、苦しみに打ち克った。そして、涙を堪えることが出来た。
posted by kyotakaba at 13:09| Comment(0) | Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする